PASMO区間もOK「 ビュー・スイカ」カード(Suicaオートチャージ)

MENU

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード画像

「ビュー・スイカ」カード公式ページ

JR東日本のグループ会社の株式会社ビューカードが発行する「ビュー・スイカ」カード(View Suica)です。
JR東日本の「スイカ(Suica)」へオートチャージできます。

「ビュー・スイカ」カードは、アップルペイ対応クレジットカードですので、iPhoneやアップルウォッチで『モバイルSuica』を利用することもできます。

モバイルSuicaも含み「スイカ(Suica)」は、「パスモ(PASMO)」との相互利用関係になっていますので「パスモ(PASMO)」区間の私鉄・地下鉄・バスなどでも利用できます。
PASMOの電子マネーで支払えるコンビニなどのお店でも、相互利用なのでSuicaでも支払えます。

「ビュー・スイカ」カード利用で貯まるJREポイントの付与は、通常カード利用額「1000円=5ポイント(5円相当)」ですが、Suicaオートチャージやびゅうプラザ等JR東日本にての利用通常の3倍「1000円=15ポイント(15円相当)」が貯まるのでとてもお得です。
1ポイントの価値は1円ですので、1000円につき15円分のポイントとなり、1.5%の高還元率ということになります。

貯まったJREポイントは「1ポイント⇒1円」として、1ポイントから、「スイカ(Suica)」へチャージできます。
または、JALマイル(マイレージ)への交換も可能です。

JRと私鉄を利用する人は「パスモ(PASMO)」区間路線も利用できますし、出張などで新幹線を利用する機会が多い方はポイントの貯まりも早く、メリットがあります

また、Suicaは携帯電話やスマホで利用できる『モバイルSuica』がありますが、PASMOは『モバイルPASMO』はありません。ですので、モバイルでPASMO区間を利用したい方は、相互利用関係のモバイルSuicaで利用するという選択肢もあります。

Suica定期券はPASMOエリアとの連絡定期券もOK

ビュースイカカードの連絡定期券イメージ画像

「ビュー・スイカ」カードは裏面に定期券を書き込めますし、『モバイルSuica』で定期券も使えます。
ただし、Suica区間内の定期券か、SuicaとPASMOエリアをまたがっての「連絡定期券」となっていて、PASMOエリア内だけの定期券は使うことができません

例えば、JR→私鉄、JR→私鉄A社→私鉄B社のような「連絡定期券」はOKということです。

ですので、SuicaエリアとPASMOエリアをまたがっての定期券を利用される方は、「ビュー・スイカ」カードを作って、「Suica連絡定期券」を利用されるといいです。

「ビュー・スイカ」カードでの定期券購入代金に対しては、通常の3倍「1000円=15ポイント(15円相当)」還元率1.5%のポイントが貯まるのでお得です。

「ビュー・スイカ」カードはアップルペイ対応クレジットカード

「ビュー・スイカ」カードはアップルペイ(Apple Pay)に登録できるクレジットカードですので、iPhoneやアップルウォッチで『モバイルSuica』を利用できます。

ですので、iPhoneユーザーの方が、モバイルでPASMO区間の電車やバスの乗降に使いたいという方は、『モバイルSuica』を利用されるといいです。

SuicaとPASMOは相互利用関係にありますし、PASMOは残念ながらモバイルサービスを提供していませんので、PASMO区間でのモバイル利用を希望される場合は、必然的に『モバイルSuica』ということになるのです。

アップルペイで『モバイルSuica』を利用される場合、アップルペイにあらかじめインストゥールされている「Walletアプリ」でも利用できるのですが、よりサービスが充実しているのは「Suicaアプリ」での『モバイルSuica』です。

「Suicaアプリ」は、JR東日本が「app store」で提供していますので、ダウンロードして「ビュー・スイカ」カードを登録すればOKです。

アップルペイでの『モバイルSuica』年会費は無料です。(アンドロイドスマホでの『モバイルSuica』年会費は1,030円(税込))

ただ、「ビュー・スイカ」カード会員の方は、アップルペイでも、アンドロイドスマホでも、『モバイルSuica』年会費は無料です。

ビューカード・アップルペイ・クイックペイのイメージ画像 「ビュー・スイカ」カードを含めビューカードをアップルペイへ登録した場合、電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」での支払いも可能となります。
ほぼ全てのコンビニチェーンが「クイックペイ」利用可能店となっています。
「クイックペイ」でのお支払い分にも、利用金額「1000円毎に5ポイント(5円相当)」のJREポイントが付与されます。
コンビニなどの「クイックペイ」加盟店でビューカードを登録したアップルペイで支払うと、自動的に「クイックペイ」での支払いとなります。


「ビュー・スイカ」カード公式ページ

「ビュー・スイカ」カードのポイントについて

通常のカード利用の場合は、JREポイントが「1000円毎に5ポイント(5円相当)」貯まりますが、Suicaへのチャージ及びオートチャージ分に関しては通常の3倍、「1000円毎に15ポイント(15円相当)」貯まります(還元率1.5%)

ポイント付与は、月のカード利用総額に対してです。
ですから、例えば、1回のカード利用額が999円だとしても切り捨てられるわけでなく、他のカード利用と合せて、1ヶ月間の総額に対してのポイント付与となります。

JR東日本での利用はポイント3倍
Suicaチャージやオートチャージ以外においても、JR東日本での利用分に関しては、おおむね、ポイント3倍「1000円毎に15ポイント(15円相当)」です。

以下などの利用分に対しても、ポイント3倍です。

乗車券、特急券、回数券、特別企画乗車券、定期券、Suica定期券、Suicaカードの購入。
「えきねっと」からのライナー券予約。
モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券の購入。
JR東日本国内ツアーの購入。

「えきねっと」の利用分はダブルでポイント
「えきねっと」とは、全国の新幹線やJR特急の指定席きっぷのお申込み、JR東日本国内ツアー商品のお申込み、現地観光プラン(駅たびネット)、えきねっとポイントモール利用などで、お得にポイントが貯まるJR東日本のネットサービスサイトです。

「えきねっと」でお買物などをして、ビューカードで支払うと、「JREポイント」「えきねっとポイント」両方貯まります

貯まった「えきねっとポイント」は、「JREポイント」に交換できます。

ですので、ビューカードを作ったら、新幹線などのきっぷ予約は、是非、「えきねっと」を利用するとお得です。
また、「えきねっとポイントモール」は、クレジットカード会社のポイントアップモールのようなもので、楽天、Yahooショッピング、ロハコ、ZOZOTOWN、ベルメゾン、ファンケルなど、有名企業が多数参加していて、ポイントがお得に貯まります。
ですので、ネットショッビングをする際には、「えきねっとポイントモール」を経由してお買い物をするとお得です。

ENEOSとENEOSでんきの支払いはポイント2倍
ENEOSとENEOSでんきのロゴ画像

ガソリンや軽油を『ENEOSガソリンスタンド』で給油してビューカードで支払うと、ポイント2倍「1000円毎に10ポイント(10円相当)」が貯まります。
ポイント2倍は給油に限れます。カーメンテナンス用品の購入などについてはポイント1倍です。

電力自由化で誕生した『ENEOSでんき』を契約されている方は、電気料金をビューカードで支払うと、ポイント2倍「1000円毎に10ポイント(10円相当)」で貯まります。
ビューカードを作られましたら、電力会社を『ENEOSでんき』への乗り換えを検討してみてもよいのではないでしょうか。

WEB明細にすると年間600円相当のポイント
ビューカードの利用明細を郵送からWEB明細(ネットで見る明細)へすると、1回あたり50円相当のJREポイントが貯まります。年間で600円相当のポイントとなります。

紙の利用明細でなくてもかまわないという方は、WEB明細にするといいです。

JREポイントの使い方・交換
貯まったJREポイントは、Suicaに交換、商品に交換、商品券・クーポンに交換することができます。

Suicaへの交換は、1ポイントあたり、1円相当のSuica(電子マネー)に交換できます。
1ポイント単位で1ポイント」から交換できます。

商品への交換としては、Suicaペンギングッズ、レールウェイグッズ、グルメ商品、キッスングッズ他へ交換できます。

商品券・クーポンへの交換としては、びゅう商品券、ビューサンクスクーポン、グリーン車利用券、ルミネ商品券、鉄道博物館入館引換券など、約30種類が用意されています。

家族カードの発行について

家族と家族カードのイメージ画像

「ビュー・スイカ」カードは家族カードをお申し込みできます。
お申し込み条件は、本人会員と生計をともにしている同姓の配偶者・両親・子供(高校生を除く18歳以上の方)となります。

最大9枚まで発行できます。

家族カードの年会費は、初年度無料。2年目以降477円(税別)です。
家族カードも本会員とほぼ同じサービスや特典を受けられます。

家族カードの申し込みは、インターネットサービス「VIEWs NET」の本人会員マイページから簡単に行えます。

家族カードの利用明細は、本人会員へ送られ、
家族カードの利用代金は、本会員の登録口座からまとめて引き落としされます。

家族カード利用で貯まるポイントも本会員へ合算となります。

「ビュー・スイカ」カードの概要と申し込み

【新規入会キャンペーン】
2018年9月30日までのキャンペーン期間中に、新規ご入会いただき、カードが発行された方へ、JRE POINT2,000ポイント(2,000円相当)プレゼント

●期間中のビューカードの利用金額合計1万円(税込)を一口として、抽選で1万名様に、JRE POINT1,000ポイント(1,000円相当)をプレゼント

「ビュー・スイカ」カードの年会費
年会費は477円(税抜)です。

家族カードも年会費は477円(税抜)です。

ETCカードも年会費は477円(税抜)です。

※年会費無料のビューカードとしては、ビックカメラと提携発行している「ビックカメラSuicaカード」があります。

また、ビューカードの人気カードとして、「ルミネカード」「大人の休日倶楽部ミドルカード」もあります。
「ルミネカード」公式ページ
ビューカードとルミネとの提携カードです。
ルミネでのお買い物がいつでも5%割引きになるお得なカードです。
ルミネで買い物をする機会が多い方にオススメのビューカードです。
カードの裏面に定期券情報の書き込み機能も付いています。
年会費は、初年度無料、次年度から953円(税抜)。
付帯サービスなどは、「ビュー・スイカ」カードと同様です。
「大人の休日倶楽部ミドルカード」公式ページ
男性は満50歳〜64歳、女性は満50歳〜59歳までの方がお申込みいただけるカードです。
(男性満65歳以上、女性満60歳以上の方は大人の休日倶楽部ジパングカードがあります)
JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引き
びゅう国内旅行商品なら同行者も全員5%割引き
ミドルの方で、国内旅行を楽しみたい方にとっては、とてもお得なカードとなっています。
年会費は、初年度無料、次年度から2,575円(税込・カード年会費515円+大人の休日倶楽部ミドル年会費2,060円)
付帯サービスなどは、「ビュー・スイカ」カードと同様です。

追加発行可能カードと電子マネー
家族カード、ETCカード。

カード入会基準
日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方(但し、高校生は除く)。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

カード発行までの時間
最短1週間でお届け。

付帯サービスなど
JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザできっぷや定期券、びゅう国内旅行商品、Suicaへのチャージ、Suica定期券、Suicaイオカード、オレンジカードなどを購入すると、通常の3倍、1,000円につき15ポイント(15円相当)貯まります。
JR東日本以外でのクレジットでのお買物では1,000円につき5ポイント(5円相当)が貯まります。

貯まったJREポイントは、Suicaへ入金(チャージ)できます。入金(チャージ)した金額でまた電車に乗ったり、お買物できます。もちろん、貯めたポイントは素敵な商品とお引換えもできます。

JR東日本ホテルズ(メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツ、ホテルニューグランドなど)で、様々な割引特典があります。宿泊料金が最大20%割引、直営レストラン・バー 基本料金最大10%割引、チェックアウトを12時まで無料で延長可能など。

駅レンタカーを利用の際、ビューカードのご提示で、基本料金の10%割引き

カラオケビッグエコーでビューカードを提示で、「ルーム料金30%割引」もしくは、「飲み放題プラン10%割引」。

以上の他にも、特典や付帯サービスがあります。

付帯保険
最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。
最高1000万円の国内旅行傷害保険がカードで切符や旅行代金を支払うことで付帯(利用付帯)。

カードブランド

JCBロゴ VISAロゴ Mastercardロゴ

JCBかVISAかMastercard、お好きなブランドを選べます。

カード発行会社
株式会社ビューカード

「ビュー・スイカ」カードの申し込み >>


年会費無料のビューカードとしては提携発行の「ビックカメラSuicaカード」がオススメです。