MENU

パスモ(PASMO)の使い方

「パスモ(PASMO)」使い方は、JRの「スイカ(Suica)」と同様に、自動改札機の読み取り部分に「パスモ(PASMO)」カードを軽くタッチするだけでOKです。

バスへの乗車時は、「パスモ(PASMO)」カードを乗降時にバス料金箱のIC読み取り部分にに軽くタッチするだけでOKです。

自動改札機に「パスモ(PASMO)」カードをタッチした時に、利用金額と残高が表示されます。
残高が少なくなった場合は、駅の券売機を利用し現金でチャージ(入金)しておきましょう。
「オートチャージサービス機能つきパスモ(PASMO)」を利用している場合は、残高が2000円を切ると、改札機通過時に自動的に3000円がチャージ(入金)されますので便利です。
[⇒オートチャージパスモとは?を参照下さい]

電車での「パスモ(PASMO)」の使い方

電車の乗降時に、自動改札機の読み取り部分に軽く「パスモ(PASMO)」カードをタッチします。
乗車区間分の料金は、降車後に自動改札機を通過する時点で一括で「パスモ(PASMO)」の残金から差し引かれます。

降車時に「バスモ(PASMO)」カードの残高が不足して自動改札機を通過できない場合は、駅の自動精算機で不足額分をチャージ(入金)した後、自動改札機を通過できます。尚、不足分を精算する場合は10円単位でチャージ(入金)することができます。

また「パスモ(PASMO)」で駅構内に入場するには、電車の初乗り運賃以上の残額が「パスモ(PASMO)」に残っていないと入場できません。

パスネットで適用されてきた連絡割引やJR線と他の電鉄会社線との連絡割引についても、「パスモ(PASMO)」でも自動的に適用されます。

複数社の電車を利用し精算する場合、運賃は基本的に最安となる経路で算出されます。したがいまして、実際の乗車経路とは異なる経路で運賃計算がなされる場合があります。
但し、複数社の電車を利用し精算する場合、実際の乗り継ぎ経路より高い運賃で精算されるケースもあるので注意が必要です。「パスモ(PASMO)」は、乗車した駅と降車した駅の情報だけをもとに計算するので、このようなケースも発生します。

バスでの「パスモ(PASMO)」の使い方

今までのバス共通カードと基本的に使い方は同じです。
バスの乗降時に、乗降口にあるバス共通カード精算機の「パスモ(PASMO)」読み取り部分に、「パスモ(PASMO)」カードを軽くタッチします。

尚、バスの「パスモ(PASMO)定期券」はパスモ(PASMO)参加事業社の一部事業者での販売となります。発売事業社、発売する定期券の種類については、ご利用になるバス事業者にお問い合わせしてください。

また、バス事業者の窓口で発売する「記名パスモ(PASMO)」は、表面へお名前が印字されませんので、購入後に裏面にはっきりと名前を記入することをお忘れなく。