東急線の券売機でキャッシュアウト(銀行預金引出し)OKに

MENU

東急線券売機でATMのように引き出す方法などについて

券売機でキャッシュアウトするイメージ画像

2019年5月8日から、東急線各駅の券売機でキャッシュアウトできるようになりました。
(※ただし、2019年5月現在、世田谷線・こどもの国線は除きます)

つまり、ATMのように、東急線の券売機で銀行預金の引き出しができるようになったのです。

ただし、現在、キャッシュアウトできる銀行は「横浜銀行」「ゆうちょ銀行」の2行だけとなっています。
この2行以外の銀行は、今のところ、残念ながら、キャッシュアウトはできません。

スマホアプリを使ったキャッシュアウトします

まず最初に、キャッシュアウトを利用するためのスマホアプリをダウンロードします。

横浜銀行の預金口座をお持ちの方は「はまPay」
ゆうちょ銀行の貯金口座をお持ちの方は「ゆうちょPay」
ダウンロードしてください。
「はまPay」も「ゆうちょPay」もスマホ決済アプリです。
PayPayやLINEペイ、楽天ペイなどのスマホ決済アプリと同じです。

「はまPay」も「ゆうちょPay」も銀行口座に紐づけられていて、利用代金が銀行口座から引き落とされますので、いわばデビットカード的なスマホ決済となっています。
「はまPay」も「ゆうちょPay」もスマホ決済アプリの機能の一つとして、キャッシュアウトも提供しています。

「はまPay」「ゆうちょPay」のスマホアプリは、
横浜銀行ウェブサイト経由、
ゆうちょ銀行ウェブサイト経由、
または、直に、
アップルの「App Store」、グーグルの「Google Play」へアクセスしてダウンロードいただけます。

タウンロードしたら、アプリでユーザー情報登録や支払銀行口座の登録を行います。

登録が終われば、スマホ決済およびキャッシュアウトに利用できます。

券売機でのキャッシュアウトの仕方

東横線の券売機でキャッシュアウトするときの手順です。

(1)「はまPay」「ゆうちょPay」アプリでログインします。

(2)アプリのメニューをタップし、キャッシュアウトを選択します。

(3)引き出し希望金額をタップします。
 引き出し金額は、10,000円/20,000円/30,000円から選択します。

(4)「取引暗証番号」を入力します。

(5)スマホ画面にQRコードが表示されます。
 発行されるQRコードの有効時間は5分間です。

↓ココから券売機側です

(6) 券売機の画面で「QRコード・バーコードを使う」をタッチします。

(7) 券売機のQRコード読み取り部分に、銀行のアプリのQRコードをかざします。

(8) 表示された引き出し金額とご利用手数料を確認し、よろしければ「確認」をタッチします。

(9) 利用明細書を発行する場合は、「ご利用明細」をタッチ。

(10)券売機から現金を受け取ります。

(11)利用明細を受け取ります。

こうやって一連の流れを箇条書き文章で読むと、難しそうに感じるかもしれませんが、実際にやってみると簡単です。
一回やると、次からはスムーズにやれます。
日頃、スマホの操作を日常的にされている方は、まず問題なくできます。

それと、上記でも記載いたしましたが、
東急線券売機でのキャッシュアウト時の引き出し金額は
10,000円/20,000円/30,000円の3パターンからの選択となっています。

3万円以上の引き出しはできませんし、
千円単位での引き出しもできませんので、ご注意ください。

1日の利用限度額(引き出し限度額)も3万円までとなっています。

キャッシュアウト利用手数料について

東急線券売機でのキャッシュアウトの際には、利用手数料が発生します。

2019年6月31日までは無料キャンペーンなので無料!

2019年7月1日からは、横浜銀行、ゆうちょ銀行、各々以下となっています。

●横浜銀行のキャッシュアウト手数料
平日:終日100円+消費税
土日祝日:終日200円+消費税

●ゆうちょ銀行のキャッシュアウト手数料
[2019年7月1日〜2020年1月3日]
平日・土日祝日:終日100円+消費税
つまり、いつでも、100円+消費税

[2020年1月4日〜]
平日8:45〜18:00:100円+消費税
上記以外:200円+消費税

キャッシュアウトの現在と今後について

東急電鉄は、将来的には東急線以外にも広げていきたい考えをもっているようです。
また、電鉄他社だけでなく、病院やホテルなどの自動精算機などにもこの仕組みを応用できないかと連携の検討もされているようです。

日本全国には、過疎地域などにおいて、身近に金融機関やATMがない地域も多数あります。
そういう地域でも、自動精算機などをキャッシュアウトに利用できるようにできれば、利便性が格段にアップしますよね。

今後、金融機関の支店統廃合もされていくでしょうから、それに伴い、近くに金融機関もATMもなくなる地域では、金融機関ATM以外での引き出しができる環境が必須となるでしょうから、キャッシュアウトサービスの広がりは必然となっていくのではないでしょうか。

キャッシュアウトといえは、2019年4月2日より、全国にスーパーを展開するイオンが、本州のイオン・イオンスタイル43店舗のサービスカウンターのレジでキャッシュアウトサービスを開始しています。
将来的には、全国のイオン、そして、サービスカウンター以外のレジもキャッシュアウトできるようにしていきたいとのことです。

ただ、キャッシュアウトできるのは、「J-Debit」機能搭載の銀行キャッシュカードに限られているようです。
ここ何年かの大手銀行のキャッシュカードには、「J-Debit」機能がデフォルトで付いているらしいですが、以前のキャッシュカードだと付いていない場合が多いです。

私が持っている、みずほ銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行のキャッシュカードには「J-Debit」機能が付いていませんでした。
もう10年以上も前に作った口座のキャッシュカードですから付いていないのも無理はありません。

2019年5月現在、キャッシュアウトの動きは、東急電鉄とイオンくらいですが、今後、金融機関の環境変化や自由化の広がり、またフィンテックの発展もからんで、キャッシュアウトの環境はどんどん整えられていくのではないでしょうか。