PASMO定期券をクレジットカードで購入するならポイント高還元率カードがおすすめ!

MENU

PASMO定期券をクレジットカードで購入するならポイント高還元率カードがおすすめ!

定期券 クレジットカード ポイント の画像

首都圏の私鉄やバスなどが導入しているIC乗車券カードである「PASMO」は、お金をチャージ(入金)して切符代わりに使うことができますが、定期券としても使うことができます。

いわゆる「PASMO定期券」です。

「PASMO定期券」は、PASMOに参加している鉄道会社の各駅の券売機(定期券発売機能付き)、または駅の定期券発売窓口で購入できます。

既に、PASMOをお持ちなら、そのPASMOを→「PASMO定期券」にすることもできます。

また、磁気定期券から→「PASMO定期券」へ変更もできます。

そして、「PASMO定期券」購入時のお支払方法として、クレジットカードでのお支払いもできるのです。
定期券販売窓口はもちろん券売機でも、画面の案内にしたがって進行していくと簡単にクレジットカードでのお支払いができます

  • 「PASMO定期券」新規発行
  • お持ちのPASMOを→「PASMO定期券」へ変更
  • 磁気定期券から→「PASMO定期券」へ変更

いずれの場合も、各駅の券売機、または定期券販売窓口で簡単にできます。
いずれの場合も、クレジットカードでのお支払いができます。

定期券購入においては、高額になる方もいらっしゃると思いますので、クレジットカードでのお支払いだと現金を用意しなくてもいいですし、ポイントが貰えるので節約にもなりお得です。

クレジットカードのポイントといっても、クレジットカードによってポイント還元率が違いますので、やはりポイント還元率が高いクレジットカードで「PASMO定期券」購入代金をお支払するのがオススメです。

●「PASMO定期券」購入代金をクレジッカードで支払う利点(メリット)
  1. 多額の現金を用意しなくていい
  2. クレジットカードのポイントが貯まるのでお得

クレジットカードはポイント還元率が0.5%となっているのが一般的で、
それ以上、例えば、1.0%のポイント還元率のカードを高還元率カードと言います。

ポイント還元率が0.5%と1.0%だと、もらえるポイントが倍の違いになります。
例えば、6ヶ月の「PASMO定期券」を購入して、代金が10万円だと仮定すると、
ポイント還元率0.5%なら、10万円×0.5%=500円分のポイント
ポイント還元率1.0%なら、10万円×1.0%=1,000円分のポイント

これだけ違うのですから、「PASMO定期券」を購入するときは、是非、ポイント高還元率クレジットカードでお支払いをするといいです。

以下で、ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードをご紹介いたしますので、ご自身が普段の生活の中で、貯めたい・使いたいポイントを考慮しながらお選び頂くと良いと思います。

その前に、もう一つ、
高額になりがちな定期券購入をクレジットカードでお支払いすることのオススメ理由として、クレジットカードなら、2回払いやボーナス払いができるということです。

クレジットカードは2回までの分割払いだと、手数料がかかりません。(3回以上だと手数料が発生します)
ボーナス払いも手数料が発生しません。

1回で支払うには厳しいという金額でも2回の分割にすれば楽ですし、ボーナスまで支払いを延ばせるのもうれしいサービスです。

この2回払いとボーナス払いの手数料無料は、ほぼどのクレジットカードでも導入しています。

ただ、「PASMO定期券」購入時には、券売機でも窓口でも一括払いとなります。
ですので、後で、クレジットカード会社のカード会員ウェブサイトにログインして2回払いやボーナス一括払いに変更手続きをしてください。
もちろん、3回以上の分割払いやリボ払いへの変更手続きもできます。

●「PASMO定期券」購入代金をクレジッカードで支払う利点(メリット)

  1. 2回払いができるので1回の支払い額の負担をを軽減できる
  2. ボーナス払いができるのでボーナス時期へ支払いを先延ばしにできる

いずれの支払い方法にも、手数料(利息)の発生はありません。

それともう一つ、一部の鉄道会社は、自社のクレジットカードでしか定期券を購入できませんのでご注意ください。
【京成電鉄】京成カードのみ
【京浜急行電鉄】京急カードまたは京急カードPASMOのみ
【東武鉄道】東武カードまたは東京スカイツリー東武カードPASMOのみ
【相模鉄道】相鉄カードのみ
【(横浜市営地下鉄】ハマエコカードのみ

上記電鉄会社以外は、どのクレジットカードでも定期券およびPASMO定期券を購入できます。

それでは、「PASMO」定期券をクレジットカード支払いで購入するメリットをご理解を頂いた上で、ポイント高還元率クレジットカードをご紹介していきたいと思います。

PASMO定期券購入でポイント還元率1.0%以上のクレジットカード紹介


「PASMO定期券」をクレジットカードで購入するのはもちろん、PASMOへのオートチャージも利用したいという方は、PASMO参加の交通事業者系カードの中からお選び頂くといいです。

「PASMO定期券」をクレジットカードで購入するけれれど、PASMOへのチャージは、現金でチャージするという方は、PASMO参加の交通事業者系カードにこだわることなく、ポイント高還元率クレジットカードからお選び頂くといいです。

ちなみに、PASMOへの現金チャージは、駅の券売機・チャージ機、バス車内、コンビニのレジですることができます。

以下が、「PASMO定期券」購入分に1.0%以上でポイントが貯まるクレジットカードです。
PASMO参加の交通事業者系カード
  • 東京メトロToMeカードPrime 1.0%
  • ソラチカカード (ANA JCB 東京メトロToMeカード PASMO) 1.0%
  • 京王パスポートPASMOカードVISA 1.5%
  • 東急カード 1.0%
  • 西武プリンスクラブカード 1.5%

PASMO参加の交通事業者系カード以外のカード
  • 楽天カード 1.0%
  • Yahoo! JAPANカード 1.0%
  • dカード 1.0%
  • シェルPontaクレジットカード 1.0%
  • リクルートカード 1.2%
  • オリコカード・ザ・ポイント 1.0%
それでは、1枚ずつご紹介していきます。

東京メトロToMeカードPrime

東京メトロToMeカードPrimeの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(但し、東京メトロの定期券うりばや多機能券売機にて定期券を購入した場合に限ります。東京メトロ以外での定期券購入は0.5%です)
●PASMOオートチャージ:0.5%のポイント付与
●ショッピングや飲食:0.5%のポイント付与

東京メトロ線に乗車するごとに乗車ポイント(メトロポイント)付与のサービスあり。
ToMeカード提携先にて、カード提示やカードでのお支払いで、メトロポイントがお得に貯まったり割引サービスがあり。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降2,000円(税別)ですが、年間50万円以上のカード利用で次年度も無料になります。

PASMO一体型カードをお選びの場合、カード裏面へ定期券情報を書き込めます。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

※ANAマイルを貯めたい方は、下記の「ソラチカカード (ANA JCB 東京メトロToMeカード PASMO)」も選択肢としてあります。

東京メトロToMeカードPrime公式ページ→

東京メトロToMeカードPrime詳細解説ページ→

ソラチカカード (ANA JCB 東京メトロToMeカード PASMO)

ソラチカカードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(但し、東京メトロの定期券うりばや多機能券売機にて定期券を購入した場合に限ります。東京メトロ以外での定期券購入は0.5%です)
●PASMOオートチャージ:0.5%のポイント付与
●ショッピングや飲食:0.5%のポイント付与

東京メトロ線に乗車するごとに乗車ポイント(メトロポイント)付与のサービスあり。
ToMeカード提携先にて、カード提示やカードでのお支払いで、メトロポイントがお得に貯まったり割引サービスがあり。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降2,000円(税別)。

PASMO一体型カードをお選びの場合、カード裏面へ定期券情報を書き込めます。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。
「ソラチカカード」は、上記「東京メトロToMeカードPrime」へANAカード機能がプラスされているクレジットカードです。
  • フライトでANAマイルが貯まりますし、貯まったメトロポイントをANAマイルへ移行することもできます。
  • ANAの航空券や旅行商品などの割引き特典もあります。
  • ANAカード特約店(ANAカードマイルプラス加盟店)でのANAマイルがお得に貯まります。
  • ToMeカード提携先ではメトロポイントがお得に貯まり、ANAカード特約店でANAマイルがお得に貯まります。
つまり、東京メトロToMeカードとANAカードの2つのクレジットカードの特典やサービスを利用できるお得なクレジットカードとなっています。
ANAマイルを貯めたいという方は、こちらの「ソラチカカード」を持つといいです。

ソラチカカード公式ページ→

ソラチカカード詳細解説ページ→

京王パスポートPASMOカードVISA

京王パスポートPASMOカードVISAの画像

PASMO定期券購入1.5%のポイント付与
(但し、京王の駅・バス案内所にて定期券を購入した場合に限ります。それ以外での定期券購入は0.5%です)
●PASMOオートチャージ:0.5%のポイント付与
●ショッピングや飲食:0.5%のポイント付与

京王の電車・バスを同じ日に利用になると、「KEIOポイント」が、1日につき20ポイント(20円相当)付与サービスあり。
京王百貨店や京王ストアなどの京王グループで、ポイントがお得に貯まったり割引サービスがあり。

京王線利用者で、京王グループの商業施設を利用される方は、持っておいて損はないクレジットカードですので、第一候補となるクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降239円(税別)ですが、年1回以上オートチャージ利用で次年度も無料になります。

カード裏面へ定期券情報を書き込めます。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

京王パスポートPASMOカードVISA公式ページ→

京王パスポートPASMOカードVISA詳細解説ページ→

東急カード

東急カードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(但し、「電車とバスで貯まる TOKYU POINT」へ登録(無料)し東急線の定期券うりば、駅券売機にて定期券を購入した場合に限ります。それ以外での定期券購入は0.5%です。但し、WEB明細へ登録すると東急線以外での定期券購入も1.0%に。)
●PASMOオートチャージ:1.0%のポイント付与(但し、「電車とバスで貯まる TOKYU POINT」へ登録必要。)
●ショッピングや飲食:0.5%のポイント付与(但し、WEB明細へ登録すると1.0%に)

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」へ登録(無料)することで、東急の電車やバスへ乗るだけでポイントが貯るサービスあり。
東急百貨店や東急ストアなどの東急グループで、ポイントがお得に貯まるサービスあり。

東急線利用者で、東急グループの商業施設を利用される方は、持っておいて損はないクレジットカードですので、第一候補となるクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降1,000円(税別)。

PASMO一体型カードをお選びの場合、カード裏面へ定期券情報を書き込めます。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

東急カード公式ページ→

東急カード詳細解説ページ→

西武プリンスクラブカード

西武プリンスクラブカードの画像

PASMO定期券購入1.5%のポイント付与
(但し、西武線各駅・西武バスの各案内所にて定期券を購入した場合に限ります。それ以外での定期券購入は0.5%です)
●PASMOオートチャージ:0.5%のポイント付与
●ショッピングや飲食:0.5%のポイント付与

毎月5日と20日は、全国の西友・リヴィンでのお買い物の際に西武プリンスクラブカードでお支払いいただくと5%割引きに。
プリンスホテルズ&リゾーツでの割引き&優待サービスあり。
としまえん、西武園ゆうえんち、西武トラベルなどの西武グループでも、割引きやポイント2倍サービスあり。

西武線利用者で、西武グループの商業施設やレジャー施設を利用される方は、持っておいて損はないクレジットカードですので、第一候補となるクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、永年無料。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

西武プリンスクラブカード公式ページ→

西武プリンスクラブカード詳細解説ページ→

楽天カード

楽天カードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:楽天カードからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.0%のポイント付与

楽天カード利用で貯まるポイントは楽天スーパーポイント
楽天カードには、楽天ポイントカード機能が搭載されています。
既に楽天ポイントカードを持っていたり、楽天Edyで楽天スーパーポイントを貯めている方などでも、楽天会員登録へお持ちのカード等を登録することで、楽天スーパーポイントを統合することができます。統合した楽天スーパーポイントは、どの楽天ポイントカードでも楽天カードでも使うことができますし、引き続きどのカードも使うことができます。

楽天市場では3.0%、楽天ブックスや楽天トラベルでは2.0%でポイント付与。

楽天ポイントカード加盟店では、楽天カード提示で1.0%、クレジット支払いでさらに1.0%、合計2.0%でポイント付与。
楽天ポイントカード加盟店には、マクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツ、出光、ツルハドラッグ、ビックカメラ他があります。
楽天ポイントカード加盟店では、買い物代金の一部または全部を貯まった楽天スーパーポイントでお支払してもOK。

楽天カードから楽天Edyへのチャージ分には0.5%でポイント付与、楽天Edy利用時にも0.5%でポイント付与。楽天カード申し込み時に、楽天Edy搭載を選べますし、スマホで楽天Edyを利用することもできます。

楽天カードは、早い時期から通常ポイント還元率1.0%を魅力にカード発行を伸ばしたクレジットカードで、ポイント高還元率カードの定番カードという地位を確率しました。後に、他のクレジットカードもポイント還元率1.0%を謳い楽天カードを追うこととなりました。

楽天カード利用で貯まる楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天グループで買い物の際に1ポイント(1円相当)から使えますし、リアル店舗の楽天ポイントカード加盟店でも買い物の際に1ポイントから使えるので、ポイント自体が使いやすいのも魅力です。

楽天グループや楽天ポイント加盟店で、楽天スーパーポイントを貯めたい・使いたいという方は、持っておいて損はないクレジットカードですし、PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しの方は、第一候補として検討してよいクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、永年無料。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

楽天カードは、通常デザインの他にも、FCバルセロナデザイン、楽天イーグルスデザイン、お買ものパンダデザイン、ディズニーデザインもあり、お好きなデザインをお選び頂けます。

楽天カード公式ページ→

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:Yahoo! JAPANカードからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.0%のポイント付与

Yahoo! JAPANカード利用で貯まるポイントはTポイント
Yahoo! JAPANカードには、Tカード機能が搭載されています。
既にTカードをお持ちの方など、複数のTカードを所有している方は、Tカードから別のTカードへポイントを移動させて使うことができます。つまり、Tポイントを統合できます。統合したTポイントは、移動先のTカードで使うことができます。また、複数のTカードは、引き続きどのカードも使うことができます。

YahooショッピングとLOHACO(ロハコ)では3.0%でポイント付与。

Tポイント加盟店では、Yahoo! JAPANカード提示で0.5%または1.0%、クレジット支払いでさらに1.0%、合計1.5%または2.0%でポイント付与。
Tポイント加盟店には、ファミリーマート、TSUTAYA、エネオス、ウエルシア、ハッピー・ドラッグ、エディオン、ガスト、ドトール、ロッテリア、吉野家・牛角、ソフトバンク、Yahoo! JAPAN他があります。
Tポイント加盟店では、買い物代金の一部または全部を貯まったTポイントでお支払してもOK。

Yahoo! JAPANカードは、モバイルSuica、au WALLET(auウォレット)、スマートICOCAへのチャージ分にも1.0%でポイントが貯まります。nanacoチャージは0.5%。
(但し、au WALLET(auウォレット)はマスターカードブランドのみからチャージ可能となっています。)

上記楽天カードの対抗馬として、通常ポイント還元率1.0%クレジットカードの中で発行を伸ばしているのがこのYahoo! JAPANカード(YJカード)。特に、Tポイントを貯めている人にとっては、待望のポイント還元率1.0%カードとして歓迎されています。Tポイントが貯まるクレジットカードとしては、唯一のポイント還元率1.0%カードです。

既にファミマTカード(Tポイントが貯まるクレジットカード)をお持ちの方も、Yahoo! JAPANカードと2枚持ちをする人も多数。

Yahoo! JAPANカード利用で貯まるTポイントは、YahooショッピングやロハコなどYahooグループで買い物の際に1ポイント(1円相当)から使えますし、リアル店舗のTポイント加盟店でも買い物の際に1ポイントから使えるので、ポイント自体が使いやすいのも魅力です。

Yahoo!グループやTポイント加盟店で、Tポイントを貯めたい・使いたいという方は、持っておいて損はないクレジットカードですし、PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しで、貯まるポイントがTポイントだとなお嬉しいという方にとっては、第一候補として検討してよいクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、永年無料。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

Yahoo! JAPANカード公式ページ→

dカード

dカードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:dカードからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.0%のポイント付与

dカード利用で貯まるポイントはdポイント
dカードには、Tカード機能が搭載されています。
既にdポイントカードをお持ちのは、dカードを新たにお持ちになっても、「dアカウント」へ新たに所有したdカードを登録することで、dポイントを統合できます。ちなみに、「dアカウント」へはdポイントカード3枚、dカード1枚の合計4枚まで登録できます。統合したdポイントは、どのdポイントカードでもdカードでも使うことができますし、引き続きどのカードも使うことができます。

ローソン・ナチュラルローソンで、「dカード」または「iD」(dカードにiDが搭載されている)で支払うと、いつでも3%割引き + 2.0%ポイント付与。つまり、割引きとポイント付与を合計すると5%還元となります。したがいまして、ローソンのヘビーユーザーは必携のクレジットカードです。

家電量販店ノジマでも、いつでも3%割引き + 2.0%ポイント付与

dポイント加盟店では、dカード提示で1.0%、クレジット支払いでさらに1.0%、合計2.0%でポイント付与。
dポイント加盟店には、ローソン、マクドナルド、かっぱ寿司、イオンシネマ、東急ハンズ、高島屋、ノジマ、AOKI他があります。
dポイント加盟店では、買い物代金の一部または全部を貯まったdポイントでお支払してもOK。

dカード特約店ては、dカードでお支払すると、2.0%以上のポイント付与。
dカード特約店には、ENEOS、JAL、JTB、伊勢丹、三越、スターバックスカード、ドトールバリューカードI他があります。
dカード特約店では、貯まったdポイントでのお支払いは出来ません

尚、dポイント加盟店とdカード特約店の両方になっているお店もあります。

NTTドコモは従来ユーザーを対象に「DCMXカード」を発行していましたが、ドコモユーザー以外にも発行対象を広げ、さらに「dポイント」を共通ポイントとして展開するにあたって発行されたのが、この「dカード」です。

ドコモユーザー以外にも使ってもらえるクレジットカードとして発行枚数を伸ばすにあたって、通常ポイント還元率1.0%とし、さらに、コンビニのローソンで3%割引き+2.0%ポイント付与、などの魅力的な特典を付けました。

dカード利用で貯まるdポイントは、dポイント加盟店で買い物の際に1ポイント(1円相当)から使えるので、ポイント自体が使いやすいのも魅力です。

ドコモユーザーなら、貯まったdポイントを、ドコモ携帯電話・スマートフォンの料金支払いや機種変更、付属品購入時、dマーケットでのコンテンツ購入やショッピングなどにも使えます。

ドコモユーザーの方、ローソンのヘビーユーザーの方、dポイントを貯めたい・使いたいという方は、持っておいて損はないクレジットカードですし、PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しの方は、第一候補として検討してよいクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降1,250円(税別)ですが、年1回でもクレジット利用があれば次年度も無料になります。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

dカード公式ページ→

シェルPontaクレジットカード

シェルPontaクレジットカードの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:シェルPontaクレジットカードからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.0%のポイント付与

シェルPontaクレジットカード利用で貯まるポイントはPontaポイント
シェルPontaクレジットカードには、Pontaカード機能が搭載されています。
既にPontaカードをお持ちの方など、複数のPontaカードを所有している方は、どれか1枚のPontaカードへ統合することができます。ただ、手続きとして、カスタマーセンターへ電話しなければならないというのが面倒な点です。また、1枚に統合すると、他のPontaカードが使えなくなるというのも難点です。複数枚のPontaカードを持っていて、各々のPontaカードを使い続けたい場合は、各々のPontaカードでPontaポイントを貯めて使うというのが無難かも。

Pontaカードを1枚に集約するのでしたら、通常のポイント還元率1.0%Pontaポイント加盟店では1.5%または2.0%でPontaポイントが貯まるこの「シェルPontaクレジットカード」にすると一番お得です。Pontaポイントカード機能搭載のクレジットカードで通常ポイント還元率1.0%は、この「シェルPontaクレジットカード」が唯一です。

昭和シェルガソリンスタンドでは、給油1リットルにつき2ポイント(2円相当)付与。

Pontaポイント加盟店では、シェルPontaクレジットカード提示で0.5%または1.0%、クレジット支払いでさらに1.0%、合計1.5%または2.0%でポイント付与。
Pontaポイント加盟店には、シェル、ローソン、ケンタッキーフライドチキン、ゲオ、JAL、大戸屋、ピザハット、AOKI、じゃらんやホットペーパーのリクルート他があります。
Pontaポイント加盟店では、買い物代金の一部または全部を貯まったPontaポイントでお支払してもOK。

前述しましたが、「シェルPontaクレジットカード」は、クレジット利用でPontaポイントが貯まるクレジットカードとしては、唯一の通常ポイント還元率1.0%となっています。

Pontaポイントを貯めている方の多くは、ローソンでの買い物で貯めていると思うのですが、「シェルPontaクレジットカード」はローソンにて、カード提示のうえ現金で支払っても1.0%のポイントが付き、クレジット決済で支払うとさらに1.0%、合計2.0%のポイントが貯まります。ですので、ローソンでの買い物でPontaポイントを貯めている方にも、「シェルPontaクレジットカード」はオススメカードとなります。

ですが、ローソンでよりお得に買い物をしたいという方は、上記でご紹介した「dカード」なら、ローソンでの買い物の際には3.0%割引き、さらに2.0%のポイント付与、合計5.0%が還元されるので、「dカード」の方がオススメということになります。

ですので、ローソンでの買い物メインでポイントを貯めているという方は、Pontaポイントを貯めたいなら「シェルPontaクレジットカード」、dポイントを貯めたいのなら「dカード」、という選択が考えらります。

Pontaポイントも、dポイントも、ローソンを含む各々の加盟店で買い物の際に1ポイント(1円相当)から使えるので、ポイント自体が使いやすいという魅力は共通です。

PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しで、貯まるポイントがPontaポイントだとなお嬉しいという方にとっては、第一候補として「シェルPontaクレジットカード」を検討してよいかと思います。

クレジットカード年会費は、初年度無料。
2年目以降1,250円(税別)ですが、年1回でも昭和シェル石油ガソリンスタンドでクレジット利用があれば次年度も無料になります。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

シェルPontaクレジットカード公式ページ→

リクルートカード

リクルートカードの画像

PASMO定期券購入1.2%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:リクルートカードからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.2%のポイント付与

リクルートカード利用で貯まるポイントはリクルートポイント(Pontaポイントへ簡単交換OK)。

  • じゃらんネットで予約してリクルートカードで支払うと3.2%ポイント付与
  • ポンパレモールで買い物をしてリクルートカードで支払うと4.2%ポイント付与
  • Hot Pepper Beautyで予約・来店してリクルートカードで支払うと3.2%ポイント付与
  • 「ホットペッパーお食事券」をリクルートカードで購入ると3.2%ポイント付与
このように、リクルートグループでリクルートカードを利用すると、高いポイント還元率でポイントが貯まります

また、リクルートカードは、モバイルSuica、スマートICOCA、nanaco、楽天Edyへのチャージ分にも1.2%でポイント付与。

リクルートカードは通常ポイント還元率が1.2%ですので、ポイント高還元率カードの定番カードと言われる「楽天カード(通常ポイント還元率1.0%)」より、実はポイント還元率が高いのです。単純比較では、リクルートカードこそがポイント高還元率カードNo1と言っても過言ではないのです。

リクルートポイントはリクルートグループでしか使えないと言われたデメリットも、簡単にPontaポイントへ交換できるようになったので、Pontaポイントを貯める・使う方にとっては、大変お得なクレジットカードともなっているのです。

例えば、ローソンでPontaカードを提示して1.0%のPontaポイントを獲得、リクルートカードで支払って1.2%リクルートポイント(等価交換なのでPontaポイント1.2%)を獲得、合計で2.2%のポイントを獲得となり、上記でご紹介した「シェルPontaクレジットカード」でローソンにて獲得できる2.0%より、0.2%分お得に獲得できるのです。
したがって、ローソンでPontaカード提示、リクルートカード決済が、もっともPontaポイントを獲得できる方法なのです。
(しかし、Pontaポイントにこだわらないのでしたら、「dカード」ならローソンで5.0%還元で最もお得ではあります)

リクルートカード利用で貯まるリクルートポイントは、リクルートグループで買い物の際に1ポイント(1円相当)から使えるので、ポイント自体が使いやすいですし、
等価で簡単に交換できるPontaポイントへ交換して、Pontaポイント加盟店での買い物に、1ポイント(1円相当)から使うこともできます。

ホットペーパーやじゃらんなとリクルートグループを利用される頻度が高い方、Pontaポイントを貯めたい・使いたいという方にとっては、持っておいて損はないクレジットカードですし、PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しで、リクルートグループのサービスをよく利用する、Pontaポイントへ交換して使いたいという方にとっては、第一候補として検討してよいクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、永年無料。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

リクルートカード公式ページ→

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの画像

PASMO定期券購入1.0%のポイント付与
(どこの電鉄会社の駅・バスの定期券を購入した場合も1.0%です)
●PASMOオートチャージ:オリコカード・ザ・ポイントからのチャージはできません
●ショッピングや飲食:1.0%のポイント付与

クレジットカード発行会社のオリコカードが、楽天カードやYahoo! JAPANカードに対抗すべくポイント高還元率カードとして発行開始したのが、この「オリコカード・ザ・ポイント」で、通常ポイント還元率1.0%となっています。

そして、オリコカード・ザ・ポイントの魅力としてあげられるのが、1ヶ月間のクレジット利用合計額に対して100円ごとに1ポイント(1円相当)が付くということなんです。
他のポイント高還元率クレジットカード、例えば、楽天カードもYahoo! JAPANカードも1回の買い物金額に対してポイントが付きます
したがって、99円という端数は切り捨てせれてしまうのです。
例えば、199円の買い物なら、端数の99円はポイント付与対象にならないのです。
199円の買い物をすれば、その都度、99円がポイント付与対象外として切り捨てられるのです。
199円の買い物を月10回すれば、990円分がポイント付与対象外として切り捨てられてしまいます。

ですか、オリコカード・ザ・ポイントは、1ヶ月の利用合計金額に対してポイント付与されますので、切り捨てられる金額が、月で最大99円です。

買い物1回ごとにポイント付与なのか、月の利用合計額に対してポイント付与なのか、この違いは、実はかなり大きな違いなのです。

オリコカード・ザ・ポイントは、モバイルSuica、スマートICOCAへのチャージ分にも1.0%でポイント付与されます。

また、オリコカード・ザ・ポイントはに、後払い電子マネーの「iD」と「クイックペイ」機能も搭載されていて、「iD」「クイックペイ」利用分も、クレジット利用としてポイント1.0%還元で付与されます。
コンビニなんかで少額の買い物にクレジット払いはちょっと躊躇するという方でも、電子マネーの「iD」「クイックペイ」なら気軽にできますし、クレジット払いと変わりなくポイント付与対象となります。

オリコカードはクレジットカード会社でありますので、自社グループでの割引やポイント付与特典がありません。
また、クレジット利用で貯まるポイント「オリコポイント」も、楽天スーパーポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイントといったいわゆる共通ポイントではなく、ポイント利用の際には、ポイント移行やポイント交換が必要です。

しかし、共通ポイントではないからこそ、いろいろなポイント交換・移行ができるということをメリットと考えることもできます。

例えば、「オリコポイント」は、UCギフトカード、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコード、nanacoギフト、EdyギフトID、ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券、ニッセンお買い物券、オリコモールクーポンへ交換できます。

また、ANAマイル、JALマイル、Tポイント、WAONポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、WALLETポイント、ベルメゾン・ポイントへ移行もできます。

普段、生活の中で貯めたり使ったりしているポイントへ交換して使うと良いのです。

ポイントの交換・移行は、カード会員WEBサイトの「オリコポイントゲートウェイ」で簡単に手続きできます。

PASMO定期券購入のためにポイント高還元率カードをお探しで、ポイントの使い方はその都度考えたいという方にとっては、第一候補として検討してよいクレジットカードと言えます。

クレジットカード年会費は、永年無料。

社会人の他、学生、主婦、パート、アルバイトの方もお申し込みできます。

オリコカード・ザ・ポイント公式ページ→