定期券機能付きPASMOクレジットカード

MENU

定期券情報を書き込めるPASMOクレジットカード

このページでは、PASMO機能が付いているクレジットカードの中でも、クレジットカードの裏面に定期連情報も書き込めるカードをご紹介したいと思います。

PASMOクレジットカードは、クレジットカードにPASMO機能が搭載されているクレジットカードですが、さらに、定期券情報を書き込めるクレジットカードがあります。

↓下記が、「東京メトロToMeカードPrime」を例にしたものです。

定期券情報を書き込めるPASMOクレジットカードの画像

1.クレジット機能
クレジット機能としてMasterCardブランドが付いています。
国内・海外のMasterCardが表示されているお店などでクレジット決済でお買い物ができます。

2.PASMO機能
PASMO機能が搭載されていることが分かるPASMOマークが付いています。
IC乗車券として、PASMOエリアはもちろんのこと、Suicaをはじめとして全国の相互利用関係にあるエリアでも電車やバスの乗降に使え、料金も決済されます。
また、電子マネーとしても使えます。こちらも、Suicaをはじめ全国の相互利用関係にある交通系電子マネーが使えるお店なら、お支払い時の決済に使えます。
PASMO部分へはクレジットカードからオートチャージ(自動入金)されます。
(相互利用は、Suica、Kitaka、ICOCA、PiTaPa、TOICA、manaca、SUGOCA、はやかけん、nimocaです)

3.定期券情報
カード裏面に定期券情報が書き込めるようになっています。
他の私鉄やJRへにまたがっての連絡定期券の情報も書き込めます。ただし、私鉄同士でも書き込めない私鉄もあり。
定期券区間以外の乗降の場合には、PASMO機能が自動的に決済します。

以上が、定期券機能付きPASMOクレジットカードの機能についての概要となります。

では、具体的に、定期券機能付きPASMOクレジットカードとして、どのようなカードがあるのかというと以下になります。かなり限られます。

【東京メトロ】
東京メトロ「東京メトロ To Me CARD prime」
東京メトロ提携カード「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」

【京王電鉄】
京王電鉄「京王パスポート PASMOカード VISA」

【東急電鉄】
東急電鉄「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(一体型PASMO)」
東急電鉄提携カード「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

【東武鉄道】
東武鉄道「東京スカイツリー東武カードPASMO」

それでは、一枚ずつ、カード概要などをご紹介していきたいと思います。

また、JRとまたがっての連絡定期券を利用される方は、定期券機能付きSuicaクレジットカードを検討されても良いですので、そちらもご紹介いたします。

それと、モバイルSuica(アップルペイ含む)のSuica定期券で連絡定期券も利用できますので、そちらについてもご紹介したいと思います。

「東京メトロ To Me CARD prime」

東京メトロToMeカードPrime画像

東京メトロToMeカードPrime公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降2,000円((税別)、年間50万円以上のカード利用で次年度も無料になります。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分は1.0%に。
搭載できる定期券:東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券となります。東京メトロで発売している定期券のうち、西武鉄道、東武鉄道との特殊連絡定期券(2区間定期券)は、搭載できません。
つまり、東京メトロの定期券だけでなく、東急線や東武線の定期券情報も書き込めるということです。それと、東京メトロと他社の区間との連絡定期券も、西武線・東武線との連絡定期券以外は定期券情報を書き込めるということです。

「東京メトロ To Me CARD prime」詳細ページ

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の画像

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降2,000円(税別)。
ポイント還元率:0.5%〜2.0%。定期券購入分は1.0%に。
搭載できる定期券:上記の「東京メトロ To Me CARD prime」と同じです。

※PASMO利用を含め、クレジットカード利用でANAマイルを貯めたい人へオススメの一枚です。

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」詳細ページ

「京王パスポート PASMOカード VISA」

京王パスポートPASMOカードVISA画像

京王パスポートPASMOカードVISA公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。次年度から239円(税別)、ただし、前年度、年1回以上PASMOオートチャージ利用で無料に。ですので、ほぼ永年年会費無料です。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分は1.5%に。
搭載できる定期券:京王電鉄、京急電鉄、東急電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道で発売している定期券となります。京王線の駅で発売できる区間であれば、連絡定期券も載せることができます
つまり、京王線の定期券だけでなく、京急線や東急線の定期券情報も書き込めるということです。それと、京王線と他社の区間との連絡定期券も、定期券情報を書き込めるということです。

「京王パスポート PASMOカード VISA」詳細ページ

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(一体型PASMO)」

東急カード画像

東急カード公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降1,000円(税別)。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分は1.%に。
搭載できる定期券:東急電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道の5事業者が発行する定期券となります。東急線内(世田谷線をのぞく)発着および他社線と連絡定期券も載せることができます。
つまり、東急線の定期券だけでなく、京急線や東京メトロの定期券情報も書き込めるということです。それと、東急線(世田谷線をのぞく)と他社の区間との連絡定期券も、定期券情報を書き込めるということです。

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(一体型PASMO)」詳細ページ

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの画像

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降2,000円(税抜)ですが、WEB明細書サービス利用などで年会費割引があります。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分も0.5.%に。
搭載できる定期券:上記の「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(一体型PASMO)」と同じです。

※PASMO利用を含め、クレジットカード利用でANAマイルを貯めたい人へオススメの一枚です。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」詳細ページ

「東京スカイツリー東武カードPASMO」

東京スカイツリー東武カードPASMOの画像

東京スカイツリー東武カードPASMO公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降1,000円(税抜)ですが、1年間10万円以上クレジットをご利用で1,080P付与します。
ポイント還元率:0.5%〜。東武鉄道定期券購入分は1.5.%に。東武鉄道以外は0.5%に。
搭載できる定期券:東武鉄道、東京メトロ、京急電鉄、東急電鉄、京王電鉄、相模鉄道で販売する定期券となります。東武鉄道各駅(一部除く)または定期券発売所で発売する定期券であれば、連絡定期券も載せることができます
つまり、東武線の定期券だけでなく、東京メトロや京急線の定期券情報も書き込めるということです。それと、東武線と他社の区間との連絡定期券も、定期券情報を書き込めるということです。

定期券情報を書き込めるSuicaクレジットカード

JR東日本のクレジットカード会社が発行する「ビュースイカカード」と「ルミネカード」は、カード裏面に定期券情報を書き込めます。

そして、PASMO区間との連絡定期券であれば、カード裏面に定期券情報を書き込めます。
ただし、PASMO区間のみの定期券情報は書き込めません。

イメージとしては↓下記となります。
suica連絡定期券の経路イメージ画像

また、定期券区間以外のPASMO区間の電車やバスを乗降した際には、Suica機能によって自動的に決済されます。

ですので、東京メトロや私鉄と、JR東日本をまたいで定期券を購入される方は、「ビュースイカカード」または「ルミネカード」も検討されるといいです。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードの画像

「ビュー・スイカ」カード公式ページ

年会費:477円(税抜)。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分は1.5.%に。
搭載できる定期券:JR東日本区間内、および、JR東日本と私鉄・地下鉄との連絡定期券。

「ビュー・スイカ」カード詳細ページ

ルミネカード

ルミネカードの画像

ルミネカード公式ページ

年会費:初年度無料(1年目は無料)。2年目以降953円(税別)。
ポイント還元率:0.5%〜。定期券購入分は1.5.%に。
搭載できる定期券:JR東日本区間内、および、JR東日本と私鉄・地下鉄との連絡定期券。

※ルミネで買い物をされる方にはオススメです。
ルミネのお買い物がいつでも5%割引きに。新宿駅のNEWoMan(ニュウマン)でもいつでも5%割引きに。
さらに、ルミネ、ニュウマンで、年に数回10%割引きキャンペーンも!

ルミネカード公式ページ

モバイルSuicaでPASMO区間との連絡定期券

モバイルSuicaもPASMO区間との連絡定期券であれば利用できます。
PASMO区間のみの定期券情報は書き込めません。

Androidスマホ、iPhone(アップルペイ)、携帯電話でSuicaのアプリをダウンロードして、アプリへクレジットカードを登録すればモバイルSuicaを利用できます。

Androidスマホは、「Google Play」にてダウンロードできます。
iPhone(アップルペイ)は、「App Store」にてダウンロードできます。

携帯電話は、モバイルSuicaのウェブサイトでダウンロードできます。
Androidスマホ、iPhone(アップルペイ)も、モバイルSuicaのウェブサイト経由で、「Google Play」「App Store」へアクセスしてダウンロードもできます。

iPhone(アップルペイ)の場合はも、インストゥールされている【Walletアプリ】でも、モバイルSuicaを利用できますが、既に持っているSuica定期券を取り込んでの継続購入のみなど、利用上制限がありますので、「App Store」にて【Suicaアプリ】をダウンロードしてモバイルSuicaを利用する方が便利です。

モバイルSuicaへ登録できるクレジットカードは、日本国内のクレジットカード会社が発行するクレジットカードでしたら、ほぼ登録できます。
(iPhone(アップルペイ)の【Walletアプリ】の場合は、VISAブランドは登録できませんし、登録できないクレジットカードもあります。その点でも【Suicaアプリ】がオススメ)

Suicaクレジットカードに限らず、PASMOクレジットカードでも、その他のクレジットカード(例えば、楽天カードでも、JCBカードでも、三井住友カードでも)、国内のクレジットカード会社発行カードなら登録できます。

モバイルSuicaでPASMO区間との連絡定期券を使う上でオススメできるクレジットカードとしてしは、やはり、定期券購入分に対してポイント還元率1.5%と高還元率の「ビュー・スイカ」カード「ルミネカード」となります。

そして、もう一枚、ビューカードが発行するSuicaカードで唯一クレジットカード年会費無料のビックカメラと提携発行している「ビックカメラSuicaカード」があります。

また、50歳以上の方でしたら、「大人の休日倶楽部ミドルカード」もオススメです。