PASMOとSuica(スイカ)との相互利用

MENU

Suica(Suica)とパスモ(PASMO)の相互利用

PASMOとSuicaの相互利用イメージ画像

2007年3月18日の「パスモ(PASMO)」サービススタート当時から、JR東日本のSuica(スイカ)と相互利用関係にあり、パスモ(PASMO)でSuica(スイカ)区間の電車やバスに乗降することができ、またSuica(スイカ)でPASMO区間の電車やバスへに乗降することができます。

ですから、通勤などで私鉄とJR東日本を乗り継ぐ場合も、PASMOかSuicaのどちらかがあればOKということになります。
また、乗り継ぎ以外の場合も、PASMOでJR東日本の電車に乗る、SuicaでPASMO区間の私鉄に乗る、ということも問題ありません。

さらには、電車やバスの交通機関の乗降だけに留まらず、電子マネー機能に関しても相互利用関係にあり、『PASMO』または『Suica』利用可能な、コンビニ、駅ビル、スーパーやショッピングセンター等ではPASMOでもSuicaでも電子マネーで買い物ができます。

この相互利用に関しては、特に手続きをすることなく利用することができます。

今では、PASMOとSuicaの相互利用にとどまらず、PASMOもSuicaも全国のIC乗車券と相互利用できるようになっています。
ちなみに相互利用関係にあるのは、PASMO、Suica、Kitaca、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PiTaPa、manaca、nimoca、はやかけん、です。

PASMOと全国の鉄道ICカードとの相互利用イメージ画像
※電子マネー利用においては「PiTaPa」とは相互利用とはなっていません。

定期券も連絡定期券ならOK

PASMOを利用されている方で、JR東日本区間とまたいで通勤・通学をしているので、またいでの定期券である「連絡定期券」を利用している方もいると思いますが、

SuicaおよびモバイルSuicaもPASMO区間との「連絡定期券」を利用できます。

「Suica連絡定期券」は、3社にまたがる定期券までOKです。

suica連絡定期券の経路イメージ画像


モバイルPASMOはいまだ実現できず 代替としてのモバイルSuica

それと、モバイルSuicaのように、携帯やスマートフォンでPASMOを利用したいという声が以前からあるのですが、「現在検討中」ということで、未だにモバイルPASMOは登場していません。

したがいまして、携帯やスマホでPASMO区間の電車の乗降をしたいという方は、相互利用関係の『モバイルSuica』で利用する、という選択肢しかありません。

モバイルSuicaは、以前は、ガラケーまたはAndroidスマホでしか利用できませんでしたが、今では、iPhoneがアップルペイのサービス開始と同時にモバイルSuicaも導入しましたので、iPhoneユーザーの方もモバイルSuicaを利用できるようになっています。

したがいまして、iPhoneユーザーの方が、PASMO区間をモバイルで利用したいという場合も、モバイルSuicaという選択ができるようになっています。
詳しくは、当サイト内の「Apple PayでのPASMO利用範囲について」→をご参照ください。

また、アップルペイのモバイルSuicaを含め、モバイルSuicaは、PASMO区間だけではなく、全国の鉄道ICカード導入エリアで電車・地下鉄・バスの乗降、およひ、店舗などでの買い物代金の支払いにも使えます。

アップルペイとPASMOやSuica画像