MENU

パスモ(PASMO)の種類

「パスモ(PASMO)」は、発券機などを利用して現金で購入するプリペイド型の「パスモ(PASMO)」と、あらかじめ連動させたクレジットカードで入金する「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」があります。

「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」を利用する場合は、提携するクレジットカードが必要となります。
「パスモ(PASMO)」と提携するクレジットカードは当サイトの左メニュー「パスモクレジットカード」「私鉄各社クレジットカード」でご案内しています。
「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」はプリペイド型とは別途専用カードが発行されます。
[⇒オートチャージパスモとは?を参照下さい]

プリペイド型の「パスモ(PASMO)」は、「無記名パスモ(PASMO)」「記名パスモ(PASMO)」「パスモ(PASMO)定期券」「小児用記名パスモ(PASMO)」「小児用パスモ(PASMO)定期券」があります。
「パスモ(PASMO)定期券」以外の「記名パスモ(PASMO)」と「無記名パスモ(PASMO)」の発売額は1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、10000円の6種類があります。
発売額にはデポジット(預かり金)500円が含まれており、利用可能額は発売額−500円となります。(例:発売額1000円の「スモ(PASMO)」の場合、利用可能額は500円となります)
デポジットは運賃や電子マネーの金額にあてることはできませんが、「パスモ(PASMO)」が不要になった時に返却されます。

以下に各々の「パスモ(PASMO)」についてご説明したいと思います。

無記名パスモ(PASMO)

無記名パスモ画像

「無記名パスモ(PASMO)」は誰でも利用可能となっています。利用者が特定されないので、家族や知り合い同士、会社などの団体で複数人で1枚のカードを共有・利用することができます。但し、紛失した場合には残高の返却や補償はされません。
また小児用の無記名パスモ(PASMO)は無く、小児が使用したとしても大人の料金が適用されます。
購入者の希望により「記名パスモ(PASMO)」や「小児用記名パスモ(PASMO)」への変更や、「パスモ(PASMO)定期券」への変更が可能となっています。

記名パスモ(PASMO)

記名パスモ画像

「記名パスモ(PASMO)」は購入時に、氏名、性別、生年月日などの登録が必要となります。記名人のみが利用可能となります。
紛失した場合には残高がそのままで、再発行されます。(再発行手数料が必要)
「記名パスモ(PASMO)」に定期券を購入すると「パスモ(PASMO)定期券」になります。 定期券を払い戻したり、消去したりすると大人用「記名パスモ(PASMO)」になります。
また「無記名パスモ(PASMO)」購入後でも、お客さまの情報を登録すれば「記名パスモ(PASMO)」に変更できます。但し、「記名パスモ(PASMO)」から「無記名パスモ(PASMO)」への変更はできません。

パスモ(PASMO)定期券&小児用パスモ(PASMO)定期券

パスモ定期券画像

「パスモ(PASMO)定期券」は、「記名パスモ(PASMO)」に定期券情報を追加したパスモ(PASMO)とお考え下さい。購入時に、氏名、性別、生年月日などの登録が必要となり、記名人のみが利用可能となります。
チャージ(入金)しておくと定期券区間外を利用した分の運賃や、乗り越しの場合の運賃も自動改札機で自動的に精算できます。
「パスモ(PASMO)定期券」には発売できない種類や区間(スイカ・Suica導入鉄道事業者との連絡定期など)の定期券もあります。詳しくは購入する事業者にお問い合わせください。またパスモの「バス定期券」は印字されません。

「小児用パスモ(PASMO)定期券」も、基本仕様は大人用の「パスモ(PASMO)定期券」と同じです。
12歳の4月1日以降は「小児用パスモ(PASMO)定期券」を使用できません。大人用「パスモ(PASMO)定期券」に変更になります。

小児用記名パスモ(PASMO)

小児用パスモ画像

「小児用記名パスモ(PASMO)」は購入時に、住所や氏名、性別、生年月日などの登録が必要となります。また購入時に本人確認も必要とされます。記名人のみが利用可能です。
紛失した場合には残高がそのままで、再発行されます。(再発行手数料が必要)
「小児用記名パスモ(PASMO)」に定期券を購入すると「小児用パスモ(PASMO)定期券」になります。 定期券を払い戻したり、消去したりすると「小児用記名パスモ(PASMO)」になります。