楽天カードでPASMO定期券を買ってポイントを貯める

MENU

楽天カードでPASMO定期券を買ってポイントを貯めよう!

楽天カードでPASMO定期券購入でポイントが貯まるイメージ画像

楽天カード公式ページ

PASMO定期券に限らず、通勤や通学で定期券を利用している人は多いと思います。

その定期券を現金で購入しているのでしたら、ちょっともったいないです。

定期券は長い期間のものだと半年や1年のものもあり、購入代金もけっこうな金額になります。

定期券1回の購入代金が、5万円6万円、中には10万円を超えるという方もいるのではないでしょうか。

これをクレジットカードで購入すれば、ポイントも貯まりますし、分割払いやリボ払いでの購入もできます。
定期券をクレジットカードで購入する2つのメリット
  • ポイントが貯まる
  • 分割払いやリボ払いにできる

まずは、ポイントについて。

ポイントが貯まるというメリットを最大限に活かすには、そのクレジットカードがポイント還元率が高いクレジットカードでる必要があります。

ポイント高還元率クレジットカードの定番と言えば「楽天カード」です。

楽天カードは、通常のポイント還元率でも1.0%です。
100円ごとに1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。
(ちなみに、楽天市場で楽天カード決査で買い物をすれば、3倍とか4倍のポイントが貯まります。)
ですので、例えば、5万円の定期券を楽天カードで購入をすれば、500円分のポイントが貯まるということになります。

こういうことを踏まえまして、PASMO定期券をポイント還元率が高い楽天カードで買ってポイントを貯めましょうというのが、このページの趣旨となります。

自社クレジットカードでしかPASMO定期券を買えない私鉄もある


PASMOに参加している私鉄各社の中には、定期券購入のクレジット支払いについては、自社のクレジットカード以外は対応していない、という鉄道会社もあります。
具体的には
【京成電鉄】京成カードのみ
【京浜急行電鉄】京急カードまたは京急カードPASMOのみ
【東武鉄道】東武カードまたは東京スカイツリー東武カードPASMOのみ
【相模鉄道】相鉄カードのみ
【(横浜市営地下鉄】ハマエコカードのみ
となっています。

残念ながら、これらの私鉄をご利用でPASMO定期券をクレジットカードで購入したい方は、自社クレジットカードのみの対応ですから、楽天カードでの購入はできません。

ただ、これらの私鉄をご利用の方でも、JRとまたいで利用されているのでしたら、JRのSuica連絡定期券を購入されるのではと思います。
Suica連絡定期券でしたら楽天カードで購入ができます。還元率1.0%でポイントも貯まります。

自社クレジットカードと楽天カードを比較してみる


上記の5社の私鉄以外は、楽天カードでPASMO定期券を買えるはずです。
(一応、念のために、事前に再度ご確認ください)

ただ、私鉄各社は、自社グループ会社でクレジットカードを発行していたり、大手クレジットカード会社と提携発行しているクレジットカードがあり、実は、そういうクレジットカードでPASMO定期券を買った方がポイントを多く獲得できる場合もあります。

楽天カードでPASMO定期券を購入した場合は、通常ポイント還元率1.0%の対象となり、100円ごとに1ポイント(1円相当)が貯まります。

このことを頭に入れておいて、楽天カードでPASMO定期券を買える私鉄各社の自社カードのポイント還元率を以下にご紹介しますので、比較してみてください。
東京メトロToMeカードPrime 1.0%
ソラチカカード (ANA JCB 東京メトロToMeカード PASMO) 1.0%
京王パスポートPASMOカードVISA 1.5%
東急カード 1.0%
西武プリンスクラブカード 1.5%

京王線と西武線は自社クレジットカードの方が、楽天カードよりポイント還元率が高いのが分かると思います。

ただし、京王パスポートPASMOカードVISAも西武プリンスクラブカードも、PASMO定期券購入以外の通常のショッピングや公共料金などのお支払い分については、ポイント還元率が0.5%と低いのです。

また、貯まったポイントの利用においても、楽天カードのように1ポイントからショッピングに使えるというような使い勝手の良さがありません。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ポイントカード加盟店で1ポイントから使えますし、楽天Edyへチャージして使えるなど、使い方においても、使い勝手においても、とても優れています。

こういうことをじっくり比較検討して、PASMO定期券をクレジットカードで購入するなら、どのクレジットカードにするかを決めると良いと思います。

定期券をクレジットカードで買うと分割やリボ払いにできる


定期券をクレジットカードで購入するメリットとして、ポイントが貯まることの他に、分割払いやリボ払いにできる、ということがあります。

定期券をクレジットカードで購入する場合、券売機であっても窓口であっても、一括払いでしか購入できません。

しかし、クレジットカード会社の多くは、「あとからリボ」「あとから分割払い」などの支払い方法変更サービスを提供しています。

ですので、定期券を一括払いで購入しても、後で、クレジットカード会社のカード会員向けウェブサイトにログインして、支払い方法を変更すればいいのです。

ただし、分割払いも、リボ払いも、手数料(利息)が発生しますので、その点はご注意ください。

楽天カードのメリットとカードスーペック


PASMO定期券を楽天カードで買ってポイントを貯めようと思った方で、まだ楽天カードをお持ちでない方は、以下に、楽天カードの概要的なもの(メリットやカードスペック)についてご紹介いたしますので、ご検討なさってみてください。

楽天カードの画像
楽天カード公式ページ

年会費
クレジットカード年会費は永年無料。
家族カードも永年無料。

家族カードは3枚まで発行できます。全て年会費無料です。

ちなみに、家族カード利用分のポイントも本会員のカードへ合算されます。

付帯する機能
●電子マネーの「楽天Edy」
利用にあたって年会費などはかかりません。

楽天Edyへ楽天カードからチャージすると、200円ごとに1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天Edyで買い物代金を支払った時にも、200円ごとに1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

※楽天Edy利用時に貯まるポイントは、8つのポイントの中から貯めたいポイントを任意で選べますので、必ずしも楽天スーパーポイントでなくてもいいのです。選べるポイントとして、Pontaポイント、Tポイント、ANAマイル他があります。

●楽天ポイントカード機能
楽天ポイントカード機能があらかじめ搭載されていますので、楽天ポイントカード加盟店で楽天カードを提示すれば、楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天ポイントカード加盟店で貯まるポイント数は、お店によって異なっており、買い物代金100円または200円ごとに1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

また、楽天ポイントカード加盟店で買い物をした時に、貯まった楽天スーパーポイントで代金の支払いをすることもできます。1ポイント=1円として、1ポイントから使えます

カードブランド
JCB、VISA、MasterCardの中からお好きなブランドをお選び頂けます。

楽天カードを主に国内で使うのでしたら、どのブランドをお選びになっても便利・不便は変わりありません。

ただし、アップルペイへ楽天カードを登録して使う予定なら、JCBかMasterCardブランドをお選びになってください。
VISAブランドの場合、アップルペイへ登録できますが、使えないサービスがあるからです。

海外で使う予定がある方は、VISAかMasterCardブランドをお選びになるといいです。
海外での加盟店数を比較すると、VISAが最も多く、次いで、ほぼ変わらずMasterCard、JCBは地域によって加盟店数が少ない地域があるからです。

カード入会資格
楽天カードの入会基準は、「18歳以上の方(高校生は不可)。」とだけ表記されていますから、主婦、アルバイト、パート、学生、自営業、年金受給者の方も申し込みできます。

ただし、一定の収入を継続的に得ている必要があります。

主婦の方は配偶者の方が審査対象となりますし、学生の方は親権者の方が審査対象となりますので、ご自身の収入はなくてもかまいません。。

ポイント還元率
●普段の買い物や公共料金などの月々の支払い、PASMO定期券購入などの分には、100円ごとに1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

●楽天市場での買い物分には100円ごとに3ポイント(3円相当)、楽天トラベルなどその他の楽天グループでの買い物分には100円ごとに2ポイント(2円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

●楽天ポイント加盟店での買い物分には、楽天カード提示で100円または200円ごとに1ポイント、さらに、楽天カードでの支払いで100円ごとに1ポイント貯まります。

ポイント有効期限
楽天スーパーポイントの有効期限は最終ポイント獲得月から1年です。
つまり、楽天カードでの楽天スーパーポイントにかぎらず、楽天ポイントカード加盟店での獲得、楽天Edyでの獲得など、どれでの獲得でも、ポイント獲得の都度1年先となりますので、1年以上のポイント獲得が空かない限り、ポイントの有効期限は延長されますので、ほぼ無期限といえます。

ただし、楽天市場での買い物時等に貯まるポイントに、期間限定ポイントがありますので、そのポイントは期間内に使わないと失効してしまいます。

楽天スーパーポイントを利用する時は、期間限定ポイントから使われていきます。

ポイント利用・交換
●楽天スーパーポイントは、基本的に「1ポイント=1円分」として、
1ポイントから1ポイント単位で、
楽天市場などの楽天グループでのネットショッピングの支払いに、
楽天ポイントカード加盟店での支払いに利用できます。

●楽天Edyへチャージして使う場合は、「1ポイント=1円分」として、10ポイント以上1ポイント単位で交換(チャージ)できます。

●他のポイントプログラムへの移行としては、唯一、ANAマイルへの移行ができます。
「2ポイント=1ANAマイル」として、50ポイント以上2ポイント単位で交換できます。

選べるカードデザイン
楽天カードは申し込み時に、お好きなデザインのカードを選ぶことができます。

カードデザインには、通常デザイン、ディズニーデザイン、FCバルセロナデザイン、楽天イーグルスデザイン、お買ものパンダデザインがあります。

ディズニーデザインは人気ですし、FCバルセロナデザインは楽天がスポンサーを降りたらなくなると思いますので選ぶなら今なのかも。

楽天カードの公式ページへ