エポスカードでPASMO チャージや定期券購入でポイントを貯める方法

MENU

エポスカードでPASMO チャージや定期券購入でポイントを貯める方法

エポスカードでPASMO定期券購入やモバイルSuicaチャージでポイントが貯まるイメージ画像

エポスカード公式ページ

ファッションビル「マルイ」のクレジットカード会社が発行するエポスカード、
20代・30代の女性をメインに、マルイ店舗やマルイネット通販(マルイウェブチャネル)、マルイのカタログ通販(カタログ誌Voi)で、ショッピングをする人に人気のクレジットカードとなっています。

このエポスカードをPASMO利用にも使えないのか、PASMOがらみでポイントを貯められないのか、ということで、調べてみました。
まず初めに、エポスカードは、
1.PASMOへチャージできない
 けれどモバイルSuicaへはチャージできるしポイントも貯まる。
 モバイルSuicaでPASMO区間も乗れる。
 モバイルSuicaでSuicaとPASMO区間の連絡定期券なら買える。

2.PASMO定期券を購入できるしポイントも貯まる。
 (PASMO定期券を購入できない鉄道会社もある)
ということが分かりました。
では、順番にご説明していきたいと思います。

PASMOへチャージできない
けれどモバイルSuicaへはチャージできるしポイントも貯まる。


クレジットカードからPASMOへチャージ(入金)したい場合、チャージできるクレジットカードは、基本的に私鉄各社や地下鉄会社が提携発行しているクレジットカードに限られています。

例えば、東急カード東京メトロToMeカードです。

ですから、エポスカードからPASMOへチャージはできません。

しかし、PASMOと相互利用関係にあるSuicaのモバイル版であるモバイルSuicaへは、エポスカードを紐付けてチャージすることができます。
エポスカードはアップルペイへ登録できますので、iPhoneユーザーの方も、アップルペイのモバイルSuicaへ紐付けてチャージすることができます。

PASMOとSuicaは相互利用関係にあるので、モバイルSuicaでPASMO全区間において、問題なく乗降できます。

モバイルSuicaの連絡定期券でPASMO区間が乗れる
suica連絡定期券の経路イメージ画像

モバイルSuicaはSuica定期券の利用もでき、Suica定期券は、Suics区間とPASMO区間にまたがっての連絡定期券が利用できます。

ですので、JR線と私鉄・地下鉄線にまたがる定期なら、モバイルSuica定期券を使えるのです。
(PASMO区間のみの定期券は、モバイルSuica定期券で使うことはできません。)

エポスカードのモバイルSuicaで貯まるポイントは0.5%還元率
エポスカードはモバイルSuicaへのチャージ分もポイント付与対象となっていて、「1000円ごとに5ポイント(5円相当)」のエポスポイントが貯まります。

モバイルSuica定期券購入分にも、「1000円ごとに5ポイント(5円相当)」のエポスポイントが貯まります。

このように、PASMOと相互利用関係にあるSuicaのモバイルSuicaへエポスカードを登録して紐付けることでエポスカードでポイントを貯めながらPASMO区間での電車やバスに乗降できるのです。

エポスカードはPASMO定期券を購入できるしポイントも貯まる。


PASMO定期券のクレジットカードでの購入については、鉄道会社によっては自社のクレジットカードでないと自社の路線のPASMO定期券を購入できない鉄道会社もあります。
具体的には
【京成電鉄】京成カードのみ
【京浜急行電鉄】京急カードまたは京急カードPASMOのみ
【東武鉄道】東武カードまたは東京スカイツリー東武カードPASMOのみ
【相模鉄道】相鉄カードのみ
【(横浜市営地下鉄】ハマエコカードのみ
となっています。
これらの鉄道会社の路線の定期券を購入されている方は、残念ながら、エポスカードでPASMO定期券を購入することはできません。

これらの鉄道会社以外の路線をご利用の方なら、エポスカードでもPASMO定期券を購入することができます。

PASMO定期券を購入分には、「200円ごとに1ポイント(1円相当)」のエポスポイントが貯まります。

Suicaチャージや定期券購入については、「1000円ごとに5ポイント(5円相当)」ですので、ポイント還元率としてはどちらも0.5%ではありますが、200円ごとに付くのか、1000円ごとに付くのかの違いがあります。

エポスカードのポイントの貯まり方

エポスカードのポイントの貯まり方は、通常、「200円(税込)ごとに1ポイント(1円相当)」貯まります。
ポイント還元率で言うと0.5%です。

マルイでのショッピング、国内・海外でのショッピングやお食事の支払い、電気料金などの公共料金や携帯電話料金など月々のお支払いなど、全てのクレジット利用において、「200円(税込)ごとに1ポイント(1円相当)」のエポスポイントが貯まります。

また、「モバイルSuica」以外では、「楽天Edy」「スターバックスカード」へのチャージ分についても、「200円(税込)ごとに1ポイント(1円相当)」貯まります。

リボ払い・3回以上の分割払いの場合は、2倍「200円(税込)ごとに2ポイント(2円相当)」のエポスポイントが貯まります。
ただし、リボ払いも3回以上の分割払いも、手数料が発生しますのでその点をお忘れなく。

エポスカードのポイントの使い方

【マルイの店舗・通販でのショッピングが割引に使う】
マルイの店舗やマルイネッと通販「マルイウェブチャネル」でのお買い物の際に、お支払い代金の一部または全部としてエポスポイントを使うことができます。
1ポイント=1円換算で、500ポイント以上1ポイント単位で利用できます。

【エポスVisaプリペイドカードへ移行する】
エポスカード会員の方は、VISAブランドが付いたプリペイドカード「エポスVisaプリペイドカード」を持つことができ、「エポスVisaプリペイドカード」へエポスポイントを移行して使うことができます。
1ポイント単位で移行できます。

「エポスVisaプリペイドカード」は、VISAが使えるお店なら、国内・海外、リアル店舗でもネットショッピングでも使えます。
また、ポイント付与の代わりに0.5%キャッシュバックがあります。

【ネット通販の支払いに使う】
ネット通販でエポスカードでお支払いした分の請求に、500ポイント以上1ポイント単位で使うことができます。

【商品券やギフト券に交換】
マルイの商品券、VJAギフトカード(VISAのギフトカード)、クオカード
Amazonキブト券、iTunesギフトコード、スターバックス カード
アパホテルクーポン券、KEYUCA(ケユカ)お買物券、モンテローザお食事券
シダックスサービス券、IDC OTSUKA エポスクーポン券

以上の商品券・ギフト券に交換できます。

【他社ポイントへの移行】
JALマイル、ANAマイル、ANA SKY コイン
dポイント、auWALLETポイント 、ノジマポイント
スターバックスカードへのチャージ

以上のポイントへ移行できます。

【ポイントで寄付をする】
ユニセフ、国境なき医師団、日本赤十字社、WWFジャパンなど、14の団体の中から支援したい団体へ寄付ができます。

マルイ・モディで年4回10%割引きに

エポスカード会員の方は、年4回ある「マルコとマルオの7日間」期間中に、マルイ・モディ全店・マルイのネット通販でのお買物でエポスカードでのお支払いをすると10%割引きになります。

期間中、何度ご利用になっても10%割引きになります。

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは年会費無料のクレジットカードでありながら、自動付帯で海外旅行傷害保険が付いています。

自動付帯とは、海外旅行へお出かけになると、自動的に保険適用になるということです。申し込みも、届け出も必要ありません。

海外旅行の際に、傷害保険の加入を忘れても、エポスカードの海外旅行保険が適用されるので安心です。ちなみに、引受保険会社は、三井住友海上火災保険株式会社です。

【補償内容】
傷害死亡・後遺障害--最高500万円
傷害治療費用--200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用--270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)--2000万円(1事故の限度額)
救援者費用--100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)--20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外旅行の際に一番心配なのは、病気や怪我ですから、傷害と疾病の補償内容が安心できる内容かチェックが必要です。
エポスカードは、傷害が200万円疾病が270万円ですので、安心できる補償内容ではないかと思います。

緊急医療アシスタンスサービスも付いています
海外旅行中に、不慮のケガや事故、病気に見舞われた場合には、エポスカード海外旅行保険事故受付センターまでお電話すると、24時間いつでも日本語対応のサービスを受けられます。

・医師、医療施設の紹介、案内
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への送還

以上の他にも、緊急対応等をしています。

マルイ・モディ店舗にて最短即日発行で受け取れます

エポスカードは、ネットからのお申し込み後、お近くのマルイ・モディ店舗内の「エポスカードセンター」で、その日のうちに受け取り、利用開始できます。
マルイ・モディが営業していれば土日・祝祭日でもOKです。

審査結果メールの到着直後から1週間以内に来店予定の「エポスカードセンター」でお受け取りください。

受け取りの際には、以下をお持ちください。
  1. 審査結果メール(スマホ画面又はプリントアウト)
  2. 本人確認書類(運転免許証他)
  3. 銀行キャッシュカード(金融機関によってはお届け印も)

【エポスカードのお申し込みについて】

日本国内在住の満18歳以上の方(高校生の方を除く)。
自営業、学生、専業主婦(主夫)、アルバイト・パート、年金受給者などの方もお申し込みいただけます。

ネットから24時間365日お申し込み頂けます。

楽天カードの公式ページへ
エポスカード公式ページへ→