ANAマイルが貯まるPASMO対応クレジットカード

MENU

PASMO利用でANAマイルが貯まるANAカード

ANAマイルが貯まるPASMO対応ANAカードの画像

 

PASMOオートチャージやPASMO定期券購入をクレジットカード決済でして、ANAマイルを貯めるには、PASMO事業鉄道会社との提携ANAカードである、
・ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)
この2枚のうちのどちらか、

 

あるいは、
PASMOと相互利用関係にるSuica機能を搭載しているANAカードである
・ANA VISA Suicaカード
を利用する必要があります。

つまり、選択肢として、

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)
  • ANA VISA Suicaカード

この3枚のうちどれか、ということになります。

 

東京メトロを主に利用されている方は、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」
東急線を主に利用される方は、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)」
という選択で良いと思いますが、
その他の路線を利用される方は、
ANAマイルを貯めたい場合、この3枚のうちどのカードが良いのか、ということになります。

 

その選び方においてキーワードとなるのは、
・オートチャージ
・定期券
・モバイル
この3点かと思います。

 

例えば、モバイルで利用したいのなら、PASMOにはモバイルPASMOがないので、相互利用のモバイルSuicaでPASMO区間を乗るということになり、ならば、「ANA VISA Suicaカード」をモバイルSuicaに紐づけるとオートチャージ分にもANAマイルが貯まるので、「ANA VISA Suicaカード」がオススメということになります。

 

また、例えば、定期券購入でANAマイルを貯めたいと思っているのでしたら、一つ注意しておかなければいけないのが、一部の鉄道会社は、自社系列のクレジットカードでしか定期券を購入できないということです。

 

具体的には、
【京成電鉄】京成カードのみ
【京浜急行電鉄】京急カードまたは京急カードPASMOのみ
【東武鉄道】東武カードまたは東京スカイツリー東武カードPASMOのみ
【相模鉄道】相鉄カードのみ
【(横浜市営地下鉄】ハマエコカードのみ
となっています。

 

ですが、例えば、上記鉄道会社とJRを利用されているのでしたら、モバイルSuica定期券やSuica定期券には、JRと私鉄をまたいでの定期券である「連絡定期券」なら可となっているので、「ANA VISA Suicaカード」でモバイルSuica定期券やSuica定期券の「連絡定期券」を購入してANAマイルを貯める、ということができます。

 

以上のことなども踏まえまして、

  1. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  2. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)
  3. ANA VISA Suicaカード

この順番で各カードの特徴やANAマイル(ポイント)の貯まり方などを、ご紹介していきたいと思います。

 

さらに詳しくは、
当サイト内の各カード紹介ページをご覧いただくか、
カード発行会社でふるJCB、または、三井住友カードの公式サイト内各カード紹介ページをご覧ください。

 

  1. ↓ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  2. ↓ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)
  3. ↓ANA VISA Suicaカード

 

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の画像

 

「ANA To Me CARD PASMO JCB」通称ソラチカカード。
東京メトロがJCBと提携発行しているANAカード機能も搭載されているクレジットです。

 

簡単に言えば
東京メトロToMeカード
・ANAカード
・JCBカード
この3枚が一枚になったクレジットカードです。

 

さらに、
・PASMO機能
・定期券情報書き込み機能
が付いています。

 

利用シーンによって、貯まるのが
・メトロポイント
・ANAマイル
・JCBのOkiDokiポイント
となっています。

 

貯まったメトロポイントもOkiDokiポイントも、ANAマイルへ移行できます。
OkiDokiポイントはメトロポイントへの交換もできますし、
ANAマイルはメトロポイントへの交換もできます。

 

つまり、
ANAマイルへ集約することもできますし、
メトロポイントへ集約することもできます。

 

ちなみに、メトロポイントはPASMOへチャージして使うこともできます。

 

ポイントとANAマイルについては、以下で詳しくご紹介していきます。

 

ポイント・ANAマイルの貯まり方

 

【メトロポイント】
東京メトロの地下鉄に乗車するごとにメトロポイントが貯まります。
平日は1乗車につき5ポイント(5円相当)
土日祝祭日は1乗車につき15ポイント(15円相当)

 

それと、メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、メトロポイントPlus加盟店でPASMO電子マネーで買い物をすると、店舗利用分には「200円毎に1ポイント(1円相当)」自動販売機利用分には「100円毎に1ポイント(1円相当)」が貯まります。

 

 

【ANAマイル】
ANAグループ便やスター アライアンス加盟航空会社便などの搭乗でフライトマイルとしてANAマイルが貯まります。
さらにANAグループ便ならボーナスマイル(ANAマイル)も貯まります。

 

それと、ANAカードマイルプラス提携店でのクレジットお支払い時には、「OkiDokiポイント」とは別にANAマイルが貯まります
つまりダブルで貯まるのです。

 

 

【JCBのOkiDokiポイント】
上記、フライトや東京メトロ利用以外の利用、つまり、普段のショッピングや飲食、公共料金支払い分など「1000円毎に1ポイント(5円相当)」が貯まります。OkiDokiポイントの価値は「1ポイント=5円」です。

 

パスモ(PASMO)オートチャージ分にも、定期券購入分にも、OkiDokiポイントが「1000円毎に1ポイント(5円相当)」貯まります。
※マイル自動移行コースを選択している場合は、OkiDokiポイントではなくANAマイルが貯まります。

定期券購入ではダブルで貯まる
東京メトロ定期券うりばや多機能券売機にて、クレジット決済で定期券を購入すると、メトロポイントとOki Dokiポイント、もしくはANAマイルがダブルで貯まります。(お支払いは一括払いのみとなります)

 

Oki Dokiポイントが「1000円ごとに1ポイント(5円相当)」に加えて、「メトロポイント」が「1000円ごとに5ポイント(5円相当)」が貯まります。つまり、合せて1.0%分のポイントが貯まります。

ソラチカカードは裏面に定期券を搭載できます
ソラチカカードはカード裏面へ定期券情報を書き込めるようになっています。
搭載できる定期券は東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券となります。

 

ですので、上記の鉄道会社でしたら、東京メトロでなくても、定期券情報を書き込めるので、ソラチカカードで定期券を購入してANAマイルを貯められるということになります。

 

東京メトロで発売している定期券のうち、西武鉄道・東武鉄道との特殊連絡定期券(2区間定期券)は搭載できません。

 

貯まったポイント・ANAマイルの使い方

 

【メトロポイント】
メトロポイントは、パスモ(PASMO)へチャージして使える他、ANAマイルへ交換することができます。

 

・パスモ(PASMO)へのチャージは、「1ポイント=1円」として10ポイントから。
・ANAマイルへ交換は、「メトロポイント100ポイント=90マイル」。

 

 

【ANAマイル】
ANAマイルは、フライトチケット購入や座席アップグレードなどに使える他、メトロポイントへ交換することができます。

 

・メトロポイントへは、「10,000マイル=メトロポイント10,000ポイント」 に。
貯まったANAマイルをPASMOで使いたい方は、メトロポイントへ交換してからPASMOへチャージすればOKです。

 

 

【JCBのOkiDokiポイント】
JCBのOkiDokiポイントは、OkiDokiポイントプログラムの交換商品等の他に、ANAマイルとメトロポイントへ交換することができます。

 

・ANAマイルへは、5マイルコースの場合「Oki Dokiポイント1ポイント=5マイル」、10マイルコースの場合「Oki Dokiポイント1ポイント=10マイル」
※10マイルコースを選択された場合、マイル移行手数料が発生します。移行手数料は5,000円(税別)。多くのポイントを交換する方は移行手数料が発生しても10マイルコースの方がお得となります。

 

・メトロポイントへは、「Oki Dokiポイント1ポイント=メトロポイント5ポイント」です。
OkiDokiポイントをPASMOへチャージして使いたい方は、メトロポイントへ交換してからPASMOへチャージすればOKです。

 

基本カードスペック

カード年会費 初年度無料、2年目から2000円(税別)。
家族カードの発行可能 年会費は1000円(税別)。
ETCカードの発行可能 年会費は無料。

 

クイックペイの利用可能。
アップルペイ登録をした場合もクイックペイが割り当てられます。
クイックペイ利用分にもOkiDpkiポイントが貯まります。

 

申し込みできる方は、
18歳以上。
ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
また、高校生を除く18歳以上で学生の方。

 

付帯する保険は、
海外旅行損害保険:最高1,000万円
国内航空傷害保険:最高1,000万円
ショッピングガード保険:(海外)最高100万円

 

カードはお申し込み後
約一週間でご自宅へお届けとなります。

※他のANAカード、例えばANA JCBカード、ANA VISA/マスターカード、ANA VISA Suicaカードなどの会員であっても、重複してお持ちいただけます。
また、他の、東京メトロToMeカードの会員であっても、重複してお持ちいただけます。

 

ソラチカカード公式ページでより詳しく→

 

当サイトのソラチカカード紹介ページ→

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの画像

 

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は。
東急カードが三井住友カードと提携発行しているANAカード機能も搭載されているクレジットです。

 

簡単に言えば
東急カード
・ANAカード
・三井住友カード
この3枚が一枚になったクレジットカードです。

 

さらに、
・PASMO機能
・定期券情報書き込み機能
が付いています。

 

利用シーンによって、貯まるのが
・東急ポイント(TOKYU POINT)
・ANAマイル
・三井住友カードのワールドプレゼントポイント
となっています。

 

貯まった東急ポイントもワールドプレゼントポイントも、ANAマイルへ移行できます。
ワールドプレゼントポイントは東急ポイントへも交換できますし、
ANAマイルは東急ポイントへ交換することもできます。

 

つまり、
ANAマイルへ集約することもできますし、
東急ポイントへへ集約することもできます。

 

ちなみに、東急ポイントはPASMOへチャージして使うこともできます。

 

ポイントとANAマイルについては、以下で詳しくご紹介していきます。

 

ポイント・ANAマイルの貯まり方

 

【東急ポイント】
「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」というポイントサービスがあり、登録(無料)することで、東急の電車やバスへ乗るだけで東急ポイントが貯まります。

 

例えば、
・東急線の運賃を支払って東急線で下車した場合、1日3ポイントが貯まります。
・東急線の定期区間内で下車した場合、1日1ポイントが貯まります。
とか。
他にも乗車することでのポイント獲得機会があります。

 

それと、東急グループを中心としたTOKYU POINT加盟店(東急百貨店・渋谷ヒカリエ他)での買い物時にクレジットでお支払すると、「ワールドプレゼントポイント」とは別に東急ポイントが貯まります
つまり、ダブルでポイントが貯まります。

 

 

【ANAマイル】
ANAグループ便やスター アライアンス加盟航空会社便などの搭乗でフライトマイルとしてANAマイルが貯まります。
さらにANAグループ便ならボーナスマイル(ANAマイル)も貯まります。

 

それと、ANAカードマイルプラス提携店でのクレジットお支払い時には、「ワールドプレゼントポイント」とは別にANAマイルが貯まります
つまりダブルで貯まるのです。

 

 

【三井住友カードのワールドプレゼントポイント】
上記、フライト以外の利用、つまり、普段のショッピングや飲食、公共料金支払い分など「1000円毎に1ポイント(5円相当)」が貯まります。ワールドプレゼントポイントの価値は「1ポイント=5円」です。

 

パスモ(PASMO)オートチャージ分にも、定期券購入分にも、ワールドプレゼントポイントが「1000円毎に1ポイント(5円相当)」貯まります。

裏面に定期券を搭載できます
カード裏面へ定期券情報を書き込めるようになっています。
搭載可能な定期券は以下の鉄道事業者が発行する定期券のみとなります。
東急電鉄、京急電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道、京王電鉄。

 

ですので、上記の鉄道会社でしたら、東急電鉄でなくても、定期券情報を書き込めるので、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」で定期券を購入してANAマイルを貯められるということになります。

 

貯まったポイント・ANAマイルの使い方

 

【東急ポイント】
東急ポイントは、パスモ(PASMO)へチャージして使える他、東急グループ店舗での利用、ANAマイルへの交換ができます。

 

・パスモ(PASMO)へのチャージは、「1ポイント=1円」として10ポイントから交換できます。
・ANAマイルへ交換は、「東急ポイント1,000ポイント=750マイル」へ交換できます。
・東急グループ店舗のTOKYUポイント加盟店で、買い物時のお支払代金の一部または全部として東急ポイントを使えます。「1ポイント=1円」として1ポイントから利用できます。

 

 

【ANAマイル】
ANAマイルは、フライトチケット購入や座席アップグレードなどに使える他、メトロポイントへ交換することができます。

 

・東急ポイントへは、「10,000マイル=東急ポイント10,000ポイント」 に。
貯まったANAマイルをPASMOで使いたい方は、東急ポイントへ交換してからPASMOへチャージすればOKです。

 

 

【三井住友カードのワールドプレゼントポイント】
三井住友カードのワールドプレゼントポイントは、ワールドプレゼントポイントプログラムの交換商品等の他に、ANAマイルへ交換することができます。

 

・ANAマイルへは、5マイルコースの場合「ワールドプレゼントポイント1ポイント=5マイル」、10マイルコースの場合ワールドプレゼントポイント1ポイント=10マイル」
※10マイルコースを選択された場合、マイル移行手数料が発生します。移行手数料は6,000円(税別)。多くのポイントを交換する方は移行手数料が発生しても10マイルコースの方がお得となります。

 

・東急ポイントへ交換したい場合は、ANAマイルへ交換し、さらに、東急ポイントへ交換、という手順になります。
ワールドプレゼントポイント→ANAマイル→東急ポイント となります。
したがいまして、ワールドプレゼントポイントをPASMOへチャージして使いたい方は、ANAマイルへ交換し、さらに東急ポイントへ交換してからPASMOへチャージすればOKです。

 

基本カードスペック

カード年会費 初年度無料、2年目から2000円(税別)。
家族カードの発行可能 年会費は1000円(税別)。
ETCカードの発行可能 年会費は初年度無料。2年目から500円(税別)ですが、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料になります。

 

「iD」の利用可能。
アップルペイ登録をした場合も「iD」が割り当てられます。
「iD」利用分にもワールドプレゼントポイントが貯まります。

 

申し込みできる方は、
満18歳以上の方(高校生は除く)
未成年の方は親権者の同意が必要です。

 

付帯する保険は、
海外旅行損害保険:最高1,000万円
国内航空傷害保険:最高1,000万円
ショッピング補償:最高100万円(海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。)

 

カードはお申し込み後
お届けまで2週間〜3週間程度となります。

※他のANAカード、例えばANA JCBカード、ANA VISA/マスターカード、ANA VISA Suicaカードなどの会員であっても、重複してお持ちいただけます。
また、他の、東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)の会員であっても、重複してお持ちいただけます。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)公式ページでより詳しく→

 

当サイトのANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)紹介ページ→

 

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suica(スイカ)カード画像

 

「ANA VISA Suicaカード」は。
JR東日本のクレジットカード会社であるビューカードが、三井住友カードと提携発行しているANAカード機能も搭載されているクレジットです。

 

簡単に言えば
ビューカード
・ANAカード
・三井住友カード
この3枚が一枚になったクレジットカードです。

 

さらに、
・Suica機能
が付いています。

 

利用シーンによって、貯まるのが
・ANAマイル
・三井住友カードのワールドプレゼントポイント
となっています。

 

貯まったワールドプレゼントポイントは、ANAマイルへ移行できます。

 

ちなみに、ワールドプレゼントポイントも、ANAマイルもSuicaへチャージして使うこともできます。

 

ポイントとANAマイルについては、以下で詳しくご紹介します。

 

※ANA VISA Suicaカードは、Suica機能が付いているので、SuicaでのPASMO区間の乗降およびPASMO区間でのオートチャージ機能も対応しています。
それと、Suica定期券は、PASMO区間とSuica区間をまたがってのSuica連絡定期券を使えますので、定期券購入でANAマイルを貯めることもできます。

 

※ANA VISA Suicaカードは、モバイルSuicaに紐づけられますので、Android、iPhoneのモバイルでPASMO区間での乗降、モバイルSuica連絡定期券でのPASMO区間とSuica区間をまたがっての定期券利用もでき、もちろんANAマイルも貯まります。

 

注)PASMOにはモバイルサービスがありませんので、PASMO区間をモバイルで利用したい場合は、必然的にモバイルSuicaでの利用となります。

 

ポイント・ANAマイルの貯まり方

 

【ANAマイル】
ANAグループ便やスター アライアンス加盟航空会社便などの搭乗でフライトマイルとしてANAマイルが貯まります。
さらにANAグループ便ならボーナスマイル(ANAマイル)も貯まります。

 

それと、ANAカードマイルプラス提携店でのクレジットお支払い時には、「ワールドプレゼントポイント」とは別にANAマイルが貯まります
つまりダブルで貯まるのです。

 

 

【三井住友カードのワールドプレゼントポイント】
上記、フライト以外の利用、つまり、普段のショッピングや飲食、公共料金支払い分など「1000円毎に1ポイント(5円相当)」が貯まります。ワールドプレゼントポイントの価値は「1ポイント=5円」です。

 

モバイルSuicaも含みSuicaオートチャージ分にも、定期券購入分にも、ワールドプレゼントポイントが「1000円毎に1ポイント(5円相当)」貯まります。

 

貯まったポイント・ANAマイルの使い方

ANAマイルは、フライトチケット購入や座席アップグレードなどに使える他、Suicaへのチャージもできます。

 

・Suicaへのチャージは、「10,000マイル=10,000円分」としてチャージできます。

 

 

【三井住友カードのワールドプレゼントポイント】
三井住友カードのワールドプレゼントポイントは、ワールドプレゼントポイントプログラムの交換商品等の他に、ANAマイルへ交換することができます。

 

・ANAマイルへは、5マイルコースの場合「ワールドプレゼントポイント1ポイント=5マイル」、10マイルコースの場合ワールドプレゼントポイント1ポイント=10マイル」
※10マイルコースを選択された場合、マイル移行手数料が発生します。移行手数料は6,000円(税別)。多くのポイントを交換する方は移行手数料が発生しても10マイルコースの方がお得となります。

 

・Suicaへのチャージは、「1ポイント=5円分」としてチャージできます。
200ポイント以上、100ポイント単位でSuicaへチャージできます。

 

基本カードスペック

カード年会費 初年度無料、2年目から2000円(税別)。
家族カードの発行はできません。
ETCカードの発行可能 年会費は初年度無料。2年目から500円(税別)ですが、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料になります。

 

「iD」の利用可能。
アップルペイ登録をした場合も「iD」が割り当てられます。
「iD」利用分にもワールドプレゼントポイントが貯まります。

 

申し込みできる方は、
満18歳以上の方(高校生は除く)
未成年の方は親権者の同意が必要です。

 

付帯する保険は、
海外旅行損害保険:最高1,000万円
国内航空傷害保険:最高1,000万円
ショッピング補償:最高100万円(海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。)

 

カードはお申し込み後
お届けまで2週間〜3週間程度となります。

※他のANAカード、例えばANA JCBカード、ANA VISA/マスターカードなどの会員であっても、重複してお持ちいただけます。
また、他の、三井住友カードの会員であっても、重複してお持ちいただけます。

 

ANA VISA Suicaカード公式ページでより詳しく→

 

当サイトのANA VISA Suicaカード紹介ページ→