PASMO利用とオートチャージクレジットカード

MENU

PASMO(パスモ)利用案内

PASMOカード画像

首都圏の私鉄・地下鉄・バス各社が2007年3月18日よりサービスを開始したICカード乗車券「パスモ(PASMO)」。
JR東日本の「スイカ(Suica)」との相互利用も同時に始まりました。首都圏では「パスモ(PASMO)」か「スイカ(Suica)」1枚で、電車、地下鉄、バスの乗り降りから買い物まで可能です。また、各コンビニなどにて電子マネーとしても利用できます。

当「パスモ(PASMO)でGO!」では、「パスモ(PASMO)」を使用する上での基本的な情報や、「パスモ(PASMO)」にオートチャージ(自動入金)できるクレジットカードなどにつしいてご紹介しております。

乗るだけでもらえる「乗車ポイント」

「乗車ポイント」とは電車に乗るごとに貰えるポイントのことで、クレジットカードとセットになったオートチャージ機能つき「パスモ(PASMO)」で、カード発行会社の電車に乗ると、自動的にポイントが付与されるサービスです。
現在取り入れている電鉄会社は「東京メトロ」「小田急電鉄」「京王電鉄」の3社。小田急電鉄は「JALカードOPクレジット(小田急)」カードでもOK。実質的に乗車割引ということになります
詳しくはこちらのページで

得たポイントをパスモへチャージ

PASMOオートチャージ画像

「パスモ(PASMO)」オートチャージ用クレジットカードの中には、乗車ポイントやオートチャージで得られたポイント、カード提携先のショップ等でのクレジットカード利用で得られたポイントなどを、「パスモ(PASMO)」へ戻して(チャージして)交通費や電子マネーとして使えるカードがあります。
現在取り入れている会社は3社。「ソラチカカード (ANA JCB 東京メトロToMeカード)」「京成カード」「東急カード」。東急カードは「JALカード東急」も同様にJALマイレージマイルとTOKYUポイントを「PASMO(パスモ)」へチャージできます。

PASMOとSuica相互利用カード画像

また、「パスモ(PASMO)」と相互利用関係にあるSuica(スイカ)では、「ANA VISA Suicaカード」はポイントとANAマイルを「Suica(スイカ)」へチャージ可。「JALカード・ビュー・スイカ」もJALマイレージマイルとビューサンクスポイントを「Suica(スイカ)」へチャージ可、「イオンSuicaカード」はときめきポイントを「Suica(スイカ)」へチャージ可、「ビュー・スイカカード」もビューサンクスポイントを「Suica(スイカ)」へチャージすることができます。ポイントを賢く上手に利用して交通費を割安にしてみてはいかがでしょうか。 また、モバイル(携帯・スマートフォン)でPASMO区間を利用したい人は、PASMOはモバイルに対応していませんので、相互利用関係にあるSuicaのモバイルSuicaでPASMO区間の乗車・降車をするという選択肢もあります。

いずれにしましてもオートチャージ機能つき「パスモ(PASMO)」用のクレジットカード選びは、いつも乗る路線のカードを第1候補として考え、その上でポイント交換などのサービス面で他の候補があるかどうか考えてみると良いでしょう。JRと私鉄を併用している人は「ビュー・スイカ」カードや「ANA VISA Suicaカード」「イオンSuicaカード」、またJALマイル(マイレージ)を貯めたい人はJALと電鉄会社と提携するカードを選ぶという選択もあります。

PASMOの電子マネー機能

PASMOマーク画像

「パスモ(PASMO)」は電車やバスの乗車だけではなく、左記の「パスモ(PASMO)」マークのあるパスモ(PASMO)電子マネー加盟店や自動販売機での利用もですます。また、「Suica(スイカ)」をはじめとした全国の交通系電子マネー利用においても相互利用関係にありますので、「Suica(スイカ)」等利用可能店でしたら「PASMO(パスモ)」でも利用可能です。 電子マネー利用可能店として、例えばコンビニでしたら、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフ、セブンイレブンがあります。