オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)とは?

MENU

オートチャージ(自動入金)機能つき「パスモ(PASMO)」とは?

オートチャージ機能つき「パスモ(PASMO)」とは、「パスモ(PASMO)」の残高が2000円以下になると、自動的に3000円をチャージ(入金)する「パスモ(PASMO)」のことです。
チャージ(入金)のために現金を用意したり、券売機の列に並んだりする手間がいらないので便利です。

残高の設定金額とチャージ(入金)金額は、1,000円〜10,000円の間で、任意に設定を変更することもできます。

「パスモ(PASMO)」のオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きの「パスモ(PASMO)」と、利用料金を引き落とす提携クレジットカードが必要です。

利用できる提携クレジットカードは、JCB、三井住友カード、UFJニコスが発行する「Pastown(パスタウン)カード」と、「パスモ(PASMO)」に参加する事業者系のクレジットカードのみで、これらのクレジットカード以外は「パスモ(PASMO)」のオートチャージ用クレジットカードとしてご利用できません。
パスモ(PASMO)オートチャージのクレジットカードについて詳しくはこちらをご覧下さい >>

オートチャージ機能付き「パスモ(PASMO)」のお申し込みは、対応するクレジットカードを発行する会社に「パスモ(PASMO)」と「クレジットカード」の両方を申し込みます。
お申し込み後、郵送にて送られます。

オートチャージは、「パスモ(PASMO)」取扱事業者の他、「スイカ(Suica)」取扱事業者のJR東日本(首都圏Suicaエリア)、東京モノレール、東京臨海高速鉄道、埼玉新都市交通等の駅改札口を通過時に残高が設定金額を下回ったときにもされます。
但し、バス車内や電子マネー加盟店ではオートチャージされません。

オートチャージ機能つき「パスモ(PASMO)」は、「記名パスモ(PASMO)」と同じようにご利用できます。
クレジットカード会社から「パスモ(PASMO)」が届いたら、カードの裏面に名義人ご本人のお名前を記入して利用します。

オートチャージサービス機能付きの「パスモ(PASMO)」は、登録・記名された名義人ご本人以外は利用できません。「パスモ(PASMO)」名義人はお申込みのクレジットカード名義人に限ります

クレジットカード会社から届いた時点では「パスモ(PASMO)」にはチャージされていません。「パスモ(PASMO)」オートチャージサービスが利用できる駅の改札機に初めてタッチしたときに自動的にチャージされます。

「パスモPASMO」オートチャージサービスのお申込みにともない、「パスモ(PASMO)」のデポジット(預かり金)として500円がクレジットカードでの支払いとなります。
尚、このデホジットは「パスモ(PASMO)」が不要になったとき、パスモ(PASMO)取扱事業者に返却すれば、引換えにデポジットが返還されます。

家族が「パスモ(PASMO)」オートチャージサービスに申し込みたい場合は、クレジットカード会社に問い合わせにて発行可能となります。

オートチャージ機能付き「パスモ(PASMO)」を定期券として使用したい場合は、受け取ったオートチャージ機能付き「パスモ(PASMO)」を定期券発売所など駅窓口へ持っていく事で利用可能となります。

「パスモ(PASMO)」のオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きの「パスモ(PASMO)」と、利用料金を引き落とす提携クレジットカードが必要な訳ですが、提携するクレジットカードによってポイントの付き方や、商品・施設利用料金などの特典が各々異なります

電車に乗ることでポイントが貯まったり、乗車ポイントというサービスを行っているクレジットカードもあります。したがいまして、同じ「パスモ(PASMO)」でも選ぶクレジットカードによってお得度が変ってくる、ということになります。
[⇒パスモのポイントサービを参照下さい]