PASMO区間もOKのANA VISA Suicaカード(Suicaオートチャージ)

MENU

ANA VISA Suica(スイカ)カード

ANA VISA Suica(スイカ)カード画像

ANA VISA Suica(スイカ)カード公式ページ

JR東日本とANA全日本空輸と三井住友VISAカードが提携発行するクレジットカードで、Suica機能とビューカード機能が搭載されています。

モバイルSuicaを含み「スイカ(Suica)」へオートチャージまたはチャージできます。
Apple Pay(アップルペイ)でのモバイルSuicaもOK。

Suicaでも、モバイルSuicaでもPASMO区間での乗降もできます

したがいまして、Suica区間およびPASMO区間のIC乗車券利用で、ANAマイルを貯めたい方にオススメの一枚となります。

他のANAカードをお持ちでも、「ANA VISA Suicaカード」をお申し込み頂けます。

年会費は初年度無料。2年目以降は2000円(税抜)。

SuicaとPASMOは相互利用

モバイルSuicaも含み「スイカ(Suica)」は、「パスモ(PASMO)」との相互利用関係になっていますので「パスモ(PASMO)」区間の私鉄・地下鉄・バスなどでも利用できます。

PASMOの電子マネーで支払えるコンビニなどのお店でも、相互利用なのでSuicaでも支払えます。

ですから、モバイル(スマホ)でPASMOを利用したいと思っている方は、PASMOにはモバイルPASMOがありませんので、代わりとして、相互利用のモバイルSuicaを使ってPASMO区間で利用するという選択となります。

モバイルSuica定期券はPASMOエリアとの連絡定期券もOK

『モバイルSuica』には、定期券機能もあります。

ただし、Suica区間内の定期券か、SuicaとPASMOエリアをまたがっての「連絡定期券」となっていて、PASMOエリア内だけの定期券は使うことができません

例えば、JR→私鉄、JR→私鉄A社→私鉄B社のような「連絡定期券」はOKということです。

ですので、SuicaエリアとPASMOエリアをまたがっての定期券を利用される方は、「ANA VISA Suicaカード」を作って、モバイルSuica「連絡定期券」を利用されるといいです。

もちろん、モバイルSuica「連絡定期券」は、アップルペイ(iPhone・アップルウォッチ)、Androidスマホ、携帯電話での利用が可能です。

iPhone Apple payでのモバイルSuicaにも使える

「ANA VISA Suica(スイカ)カード」は、VISAブランドなのでアップルペイのウォレットアプリには登録できないのですが、JR東日本が「app store」で提供している「Suicaアプリ」をダウンロードすれば、「ANA VISA Suica(スイカ)カード」が登録可能で、iPhoneやアップルウォッチでモバイルSuicaを使うことができます

アップルペイでの『モバイルSuica』年会費は無料です。(アンドロイドスマホでの『モバイルSuica』年会費は1,030円(税込))

ただ、「ANA VISA Suicaカード」は、JR東日本のビューカードとの提携カードですので、アップルペイでも、アンドロイドスマホでも、『モバイルSuica』年会費は無料です。

ANA VISA Suicaカード・アップルペイiDのイメージ画像 「ANA VISA Suicaカード」を含め三井住友カードをアップルペイへ登録した場合、電子マネー「iD」での支払いも可能となります。
ほぼ全てのコンビニチェーンが「iD」利用可能店となっています。「iD」でのお支払い分にも、利用金額「1000円毎に1ポイント(5円相当)」のワールドプレゼントポイントが付与されます。
コンビニなどの「iD」加盟店で、「ANA VISA Suicaカード」を登録したアップルペイで支払うと、自動的に「iD」での支払いとなります。

※ドコモユーザーの方は、Androidスマホ・携帯電話でも、「iD」を利用することができます。


アップルペイでなくてもiDを使えます

三井住友iDのイメージ画像

上記で、アップルペイへ「ANA VISA Suicaカード」を登録すると「iD」での支払いになると述べましたが、「ANA VISA Suicaカード」は「三井住友カード iD 専用カード」を追加発行できますし、ドコモなどの「おサイフケータイ」で「iD」を利用することができます。

もちろん、利用金額「1000円毎に1ポイント(5円相当)」のワールドプレゼントポイントが付与されます。

「三井住友カード iD 専用カード」
「ANA VISA Suicaカード」をお申し込み時に、同時申し込みができます。また、後で、追加発行のお申し込みでもかまいません。
年会費も発行手数料も無料です。
カード型iDですので、アップルペイを利用してなくても、ドコモの携帯・スマホユーザーでなくても、このカードで「iD」を使えます。

「おサイフケータイ」で「iD」
ドコモまたはMVNO事業者などの「おサイフケータイ」対応携帯・スマホを利用の方なら、アップルペイと同様にモバイルで「iD」を使えます。
「ANA VISA Suicaカード」をお申し込み時に、同時申し込みができます。また、後で、追加発行のお申し込みでもかまいません。
年会費も発行手数料も無料です。

ANA VISA Suica(スイカ)カード公式ページ

三井住友カードのモールとANAカードのモールが使える

ポイントアップモールとANAマイレージモールのロゴ

各クレジットカード会社は、カード会員向けにポイントがお得に貯まるショッピングモールを運営しています。
楽天市場、Amazon、Yahooショッピングをはじめとする国内の有名企業ネットショップが参加していて、モール経由でショッピングをすると、通常より多くのポイントを獲得できるようになっています。

「ANA VISA Suicaカード」は、三井住友カード、ANAカード、ビューカードの3社提携クレジットカードですので、各々のショッピングモールを利用することができます。
(ビューカードは独自運営でのモールはなく、「えきねっと」がモールを運営しています。「えきねっと」へ登録すると利用できます)

三井住友カードは『ポイントUPモール』を運営しています。
楽天市場、Amazon、Yahooショッピングをはじめ多数のショップが参加しています。

ANAカードは『ANAマイレージモール』を運営していまする
楽天市場、Yahooショッピングをはじめ多数のショップが参加していますが、Amazonは参加していません。

自分が買い物をしたネットショップが参加している方のモールを利用するといいですし、どちらにも参加しているようでしたら、よりお得にポイントを獲得できる方のモールを利用するといいです。

ANA VISA Suica(スイカ)カードのポイントとANAマイルの付き方まとめ

ANA全日空の利用分には「ANAマイル」が付与され、それ以外のカードショッピング時などには三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が付与されます。

「ワールドプレゼントポイント」は「ANAマイル」へ交換できます。

ワールドプレゼントポイントの付き方
  • 国内・海外でのショッピングなどでのクレジットでのお支払い
  • Suicaへのチャージ代金
  • 定期券購入代金
  • 電子マネー「iD」利用代金(アップルペイでの「iD」利用代金を含む)
  • ETC利用・携帯電話や公共料金等のお支払い
以上の利用シーンでは、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

ポイントの付き方は、1ヶ月間の利用総額「1000円ごとに1ポイント」付与されます。
「1ポイント=5円相当」ですので、ポイント還元率0.5%です。

ANAマイルの付き方
  • 「ANA VISA Suica(スイカ)カード」入会時と、毎年のカード継続時に、ボーナスマイル1,000マイルをプレゼント
  • ANAグループ便と、提携航空会社33社の搭乗時
  • ANAカードマイルプラス提携店でのクレジットお支払い時に「ワールドプレゼントポイント」とは別にANAマイルが付く(つまりダブルで付くということです)
  • ANAマイレージモール(ネットショッピングモール)でのクレジットお支払
以上の利用シーンでは、ANAマイレージバンクの「ANAマイル」が貯まります。

ANA VISA Suica(スイカ)カードのポイントとANAマイルの交換先

ワールドプレゼントポイントの交換先
三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」は、交換先が豊富です。お好みの交換先へ交換するといいです。

「ANA VISA Suica(スイカ)カード」をこれから作ろうという方は、SuicaやANAマイルへの交換を考えていると思いますが、場合によっては、その他のポイント交換先も検討してみてもいいでしょう。

ポイント交換先によって、1ポイントの価値が若干変わりますので、その点に注意して交換先を選ぶのも一考です。

それでは、以下で、「ワールドプレゼントポイント」の交換先をいくつかご紹介したいと思います。
  • Suicaポイントへは「1ポイント=3Suicaポイント(3円相当)」として交換できます。
  • ANAマイルへは10マイルコースの方は「1ポイント=10マイル」5マイルコースの方は「1ポイント=5マイル」として交換(移行)できます。
  • ※10マイルコースは移行手数料6300円、5マイルコースは手数料無料となっています。
  • nanacoポイント、WAONポイント、楽天Edyへは、「1ポイント=3円相当」として交換できます。
  • タリーズカードポイント、スターバックスカードポイントへは、「1ポイント=4円相当」として交換できます。
  • 楽天スーパーポイント、dポイント、auウォレットポイントへは、「1ポイント=5円相当」として交換できます。
  • Tポイント、Pontaポイントへは、「1ポイント=4.5円相当」として交換できます。
  • クレジットカード利用代金へキャッシュバックは、「1ポイント=3円相当」として交換できます。
  • iDバリューへは、「1ポイント=5円相当」として交換できます。
以上の他にもポイント交換先がありますし、商品や商品券への交換もできます。

ANAマイルの交換先
  • 全日空ANAグループ便やスターアライアンスグループ便の航空券や座席のアップグレードに交換できます。
  • Suicaへは「10,000マイル=10,000円分」としてチャージできます。
また、「10,000マイル=10,000円分」のポイントやチャージとして、スターバックスカード、iTunesギフトコード、楽天Edy、iDバリュー、楽天スーパーポイント、Tポイント、nanacoポイント、ヤマダポイント、タカシマヤポイントなどへ交換できます。

以上の他にもANAマイルの交換先があります。

ANA VISA Suica(スイカ)カードの概要と申し込み

【新規入会特典】
ANA VISA Suica(スイカ)カードへオンラインより新規入会された方には、もれなく1,000マイルをプレゼント

ANA VISA Suica(スイカ)カードの年会費
年会費は初年度無料。次年度から2000円(税抜)ですが、WEB明細書サービス利用などで年会費割引があります。

家族カードはありません。

ETCカードは初年度無料。次年度から500円(税抜)ですが、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料になります。

追加発行可能カードと電子マネー
ETCカード。
三井住友カードiD、PiTaPaカード。銀聯カード。

カード入会基準
満18歳以上の方(高校生は除く)。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

カード発行までの時間
約2週間程度で発行。

付帯サービスなど
ANAでお得&割引き
入会時・毎年のカード継続時に+1,000マイルのボーナスマイルをプレゼントがあります。
区間基本マイレージ+10%のフライトボーナスマイルもあります。
また、ANAグループ便はもちろん、スターアライアンスメンバーを含めた提携航空会社の幅広いネットワークでマイルがどんどん貯まります。

国内線・国際線機内販売、全国各空港の「ANA FESTA」で10%割引きなどのサービスもあります。

ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA大人のゆとり旅・ANAワンダーアースが5%割引きですので、ANAの国内・海外旅行を5%割引きで行けます。

「ANAカードマイルプラス」加盟店でのカード利用時には、「ワールドプレゼントポイント」と「ANAマイル」がダブルで貯まります。

三井住友VISAカードのポイントサービスである「ワールドプレゼントポイント」を、Suicaへの移行及びANAマイレージマイルへの移行が可能です。

ANAマイレージマイルをSuicaへの移行も可能です。

以上の他にも、特典や付帯サービスがあります。

ビューカードの特典も一部適用
JRホテルグループの宿泊基本料金を10%割引。
東急ホテルズ宿泊基本料金を10%割引。
駅レンタカー基本料金の10%割引。

以上の他にも、ビューカード会員限定で割引き利用できる、ホテル、旅館、SPA温泉施設、レジャー施設、飲食店、カラオケ店などがあります。

付帯保険
最高1000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。
最高1000万円の国内航空傷害保険が自動付帯。

カードブランド

VISAロゴ

VISAのみです。

カード発行会社
三井住友カード株式会社

備考
●三井住友カードは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)」も発行しています。