ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)でPASMOオートチャージ

MENU

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)公式ページ

三井住友カードが発行する東急と全日空ANAの提携クレジットカードです。
「パスモ(PASMO)」オートチャージ機能付き対応カードです。PASMO一体型カードのみの提供で、PASMO分離型カードはありません。

しかし、分離型としても利用可能で、「オートチャージ機能つきパスモ(PASMO)」を発行して、紐付ることも可能です。

カード裏側に、定期券情報を書き込めます。

普段、東急電鉄を利用されていて、ANAマイルを貯めたいという方へオススメのPASMOクレジットカードです。

年会費は、初年度無料、次年度から2000円(税別)となっています。

これ一枚に、5つの機能が搭載されています。
  • ANAマイレードクラブ機能
  • 東急ポイント機能
  • PASMO機能
  • PASMO定期券機能
  • クレジットカード機能
以上の他に、電子マネー「iD」利用が可能、アップルペイ(Apple Pay)へ登録可能となっています。

PASMOオートチャージ分には、三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイント「1000円ごとに1ポイント(5円相当)」貯まります。
他のANAカード、例えばANA VISA/マスターカード、ANA VISA Suicaカード、ANA JCBカードなどの会員であっても、重複してお持ちいただけます。
また、他の、東急カードの会員であっても、重複してお持ちいただけます。

PASMO機能とPASMO定期券機能

PASMO機能
「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、PASMO機能が搭載されていますので、PASMOが使える首都圏の私鉄・地下鉄・バスでIC乗車券として使えるのはもちろん、Suiicaをはじめ全国の相互利用エリアでもIC乗車券として使えます。

また、PASMO加盟店やSuica加盟店をはじめ、全国の交通系電子マネー相互利用の加盟店で電子マネーとしてお支払いに使えます。例えば、ほとんどのコンビニチェーンでお支払いに使えます。

もちろん、オートチャージ機能も付いていますので、例えば、PASMOの残高が2,000円以下になると、3,000円オートチャージされます。オートチャージの設定は任意に変更することもできます。

PASMO定期券機能
「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)」は、クレジットカードの裏面に、PASMO定期券情報の記載が可能です。

ちなみに、東急電鉄の定期券だけでなく、京浜急行電鉄・東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道、相模鉄道の定期券発行が可能となっています。

クレジットカード機能と追加カードについて

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、マスターカードブランドが付いていますので、日本国内だけでなく世界約210ヶ国でショッピングなどの支払いに使えます。

国内での利用分にも、海外での利用分にも、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

貯まった「ワールドプレゼントポイント」はANAマイルへの交換もできますし、PASMOへチャージして使うこともできます。
(ポイント付与及び交換につきましては、下記で詳しくご紹介しております)

「iD」カードの追加発行
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急)でiD利用のイメージ画像

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、後払い電子マネー「三井住友カード iD 専用カード」の追加発行ができます。発行手数料も年会費も無料です
「iD専用カード」ですので、NTTドコモユーザー以外の方も「iD」を利用できます。

NTTドコモユーザーの方は、おサイフケータイ機能が付いていてる携帯電話・スマホ「iD」へ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を紐付けて使うこともできます。

ちなみに、「iD」利用分もクレジットカード利用額に換算され、利用金額「1000円毎に1ポイント(5円相当)」のワールドプレゼントポイント付与となります。

Apple Payへ登録して「iD」も使える

アップルペイiDのイメージ画像

iPhoneユーザーの方は、Apple Payへ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を登録すると、「iD」を使うことができます。

Apple Pay利用可能な端末を利用されている方なら、NTTドコモユーザーに限らずアップルペイで「iD」利用ができます。

ちなみに、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を含め三井住友カードをアップルペイへ登録した場合、電子マネー「iD」が割り当てられますので、コンビニなどでアップルペイで支払うと自動的に「iD」での支払いとなります。

アップルペイ「iD」でのお支払い分にも、利用金額「1000円毎に1ポイント(5円相当)」のワールドプレゼントポイントが付与されます。

ETCカードの追加発行

三井住友カードETCカードのイメージ画像

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、ETC専用カードの追加発行ができます。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」申し込み時にETCカードを同時申し込みをしてもいいですし、後に、追加発行の申し込みをしてもいいです。

ETCカードの発行手数料は無料。
ETCカードの年会費は、初年度無料、2年目以降は500円(税別)ですが前年度に1回以上ETC利用があれば無料に。

ETCカード利用分もワールドプレゼントポイント付与対象です。

その他の追加発行可能カード
家族カード、PiTaPaカード、銀聯カードの追加発行もできます。

銀聯カードとは、中国で広く普及しているクレジット決済カードです。
中国旅行をお考えの方は、追加発行されると便利です。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」で貯まる3つのポイント

ワールドプレゼントポイント・ANAマイル・東急ポイントのイメージ画像
「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、利用シーンなどに応じて、3種類のポイントが貯まります。

3種類とは、
三井住友カードのワールドプレゼントポイント
ANAカードのANAマイル
東急カードの東急ポイント(TOKYU POINT)です。

以下で、各々のポイントの貯まり方をご案内いたします。

三井住友カードのワールドプレゼントポイント
  • 国内・海外でのショッピングなどでのクレジットでのお支払い
  • PASMOへのチャージ代金
  • 定期券購入代金
  • 電子マネー「iD」利用代金(アップルペイでの「iD」利用代金を含む)
  • ETC利用・携帯電話や公共料金等のお支払い
以上の利用シーンでは、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

ポイントの付き方は、1ヶ月間の利用総額「1000円ごとに1ポイント」付与されます。
「1ポイント=5円相当」ですので、ポイント還元率0.5%です。

1ヶ月間の利用総額に対してポイント付与ですので、1回の買い物が1000円以下でも切り捨てられることがないのがうれはい点です。

例えば、コンビニで、アップルペイやiDで支払って、その時の買い物代金が1000円以下でも切り捨てられず、他の買い物代金などと合計されてポイントが付与されます。

ポイントの使い方としては
三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」は「ANAマイル」へ交換できます。
その「ANAマイル」は「東急ポイント」へ交換でき、さらに、その「東急ポイント」はPASMOへチャージして使うことができます。
4ステップの手間となりますが「ワールドプレゼントポイント」をPASMOへチャージして使うことができます。

また、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」は、ポイント交換先が豊富なのが特徴の一つで、カード利用代金への充当、商品や商品券、提携先のポイントへの交換もできます。

例えば、提携ポイント交換先としては、Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、auウォレットポイント、nanacoポイント、WAONポイント、楽天Edy他となっています。

ANAマイル
  • 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」入会時と、毎年のカード継続時に、ボーナスマイル1,000マイルをプレゼント
  • ANAグループ便と、提携航空会社33社の搭乗時
  • ANAカードマイルプラス提携店でのクレジットお支払い時に「ワールドプレゼントポイント」とは別にANAマイルが付く(つまりダブルで付くということです)
  • ANAマイレージモール(ネットショッピングモール)でのクレジットお支払
以上の利用シーンでは、ANAマイレージバンクの「ANAマイル」が貯まります。

ANAマイルの使い方としては
「ANAマイル」は「東急ポイント」へ交換できます。
さらに、その「東急ポイント」はPASMOへチャージして使うことができます。
3ステップの手間となりますが「ANAマイル」をPASMOへチャージして使うことができます。

また、ANAコインへの交換、ANA国内・国際便航空券やスター アライアンス加盟航空会社の航空券などへ交換できます。

東急ポイント
東急グループを中心としたTOKYU POINT加盟店での買い物時にクレジットでお支払すると、「ワールドプレゼントポイント」とは別に東急ポイントが付きます
つまり、ダブルでポイントが貯まるということです。

例えば、
東急百貨店・渋谷ヒカリエ ShinQs :(年間お買い上げ金額に応じて)3%〜最大10%の東急ポイントが付きます。(ただし、食品・セール品は一律1%のポイント)
東急ストア : 200円(税抜)ごとに1ポイント付きます。

それと、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」というポイントサービスがあり、東急カード公式ページにて「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」へ登録(無料)することで、東急の電車やバスへ乗るだけでポイントが貯まります。
「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」会員も登録できるので、カードに入会した際には、是非、登録をするといいです。

  • 東急線の運賃を支払って東急線で下車した場合、1日3ポイントが貯まります。
  • 東急線の定期区間内で下車した場合、1日1ポイントが貯まります。
  • 午前7時までに東急線各駅の自動改札機から入場すると1日1回のみ5ポイントが貯まります。
以上の他にも東急に乗車することでポイントを獲得するチャンスがあります。

ポイントの使い方としては
「東急ポイント」は『10ポイント=10円』で「パスモ(PASMO)」へチャージして使うことができます。

また、「ANAマイル」への交換、東急グループ店で買い物代金に充当できます。
東急グループ店での充当は、「1ポイント=1円相当」として、1ポイントから使えます。

家族カードの発行について

家族と家族カードのイメージ画像

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は家族カードをお申し込みできます。
お申し込み条件は、本カード会員と生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供(高校生を除く)、両親となります。

家族カードの年会費は、初年度無料。2年目以降1,000円(税別)です。
家族カードも本会員とほぼ同じサービスや特典を受けられます。

家族カードの申し込みは、本会員お申し込み時に1人分は同時申し込みできます。
尚、2人目以降および本会員カード発行後の家族カードの申し込みは、ネットから「家族カードの資料請求」をし、必要事項を記入の上、返信いたします。

家族カードの利用明細は、本人会員へ送られ、
家族カードの利用代金は、本会員の登録口座からまとめて引き落としされます。

家族カード利用で貯まるポイントも本会員へ合算となります。
家族カード利用で貯まるANAマイルは、「ANAカードファミリーマイル」制度で、合算することができます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの概要と申し込み

【新規入会特典】
POINT ClubQ PASMO マスターカードへオンラインより新規入会された方には、もれなく1,000マイルをプレゼント

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費
年会費は初年度無料。次年度から2000円(税抜)ですが、WEB明細書サービス利用などで年会費割引があります。
(※年会費無料PASMOクレジットカードはこちらで→)

家族カードは初年度無料。次年度から1000円(税抜)。

ETCカードは初年度無料。次年度から500円(税抜)ですが、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料になります。

追加発行可能カードと電子マネー
家族カード、ETCカード。
三井住友カードiD、PiTaPaカード。銀聯カード。アップルペイ。

カード入会基準
満18歳以上の方(高校生は除く)。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

学生、主婦の方などもお申し込みいただけます。

カード発行までの時間
最短3営業日で発行。

付帯サービスなど
入会時・毎年のカード継続時に+1,000マイルのボーナスマイルをプレゼントがあります。
区間基本マイレージ+10%のフライトボーナスマイルもあります。
また、ANAグループ便はもちろん、スターアライアンスメンバーを含めた提携航空会社の幅広いネットワークでマイルがどんどん貯まります。

空港で搭乗手続きなしで直接保安検査場に進めるskipサービスが使えます。

ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%割引き
また、国内線・国際線機内販売、全国各空港の「ANA FESTA」で10%割引きなどのサービスもあります。

「ANAカードマイルプラス」加盟店でのカード利用時には、「ワールドプレゼントポイント」と「ANAマイル」がダブルで貯まります。

東急グループ店でのカード利用時には、「ワールドプレゼントポイント」と「東急ポイント」がダブルで貯まります。

以上の他にも、三井住友カード、ANAカード、東急カード、この3つのカード特典や付帯サービスがありますので、とてもお得なクレジットカードとなっています。。

付帯保険
最高1000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。
最高1000万円の国内航空傷害保険が自動付帯。

カードブランド

マスターカードロゴ

Mastercardのみです。

カード発行会社
三井住友カード株式会社

備考
●東急ポイント(TOKYUポイント)がガンガン貯まる「東急カード」もあります。

●JALマイルを貯めたい方には「JALカード TOP&ClubQ (東急)」もあります。

●ANAマイルを貯めたい方には「ANA ToMe カード PASMO JCB(ソラチカカード)」もあります。

●三井住友カードは「ANA VISA Suica(スイカ)カード」も発行しています。