PASMO区間もOKのイオンSuicaカード(Suicaオートチャージ)

MENU

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード画像

イオンSuicaカード公式ページ

イオンクレジットが発行する「ビュー・スイカカード(View Suica)」機能が搭載されたクレジットカードです。
モバイルSuicaを含み「スイカ(Suica)」へオートチャージまたはチャージできます。年会費無料です。

既に、別のイオンカードをお持ちの場合でも、「イオンSuicaカード」をお申し込みできます。イオンカードは、複数枚(2枚・3枚)持ちが可能となっています。

モバイルSuicaも含み「スイカ(Suica)」は、「パスモ(PASMO)」との相互利用関係になっていますので「パスモ(PASMO)」区間の私鉄・地下鉄・バスなどでも利用できます。
PASMOの電子マネーで支払えるコンビニなどのお店でも、相互利用なのでSuicaでも支払えます。

クレジットカード利用で貯まった「ときめきポイント」をSuicaへチャージして使いたい、あるいは、Suicaチャージでも「ときめきポイント」を貯めたい、という方におすすめです。

また、普段の買い物にイオングループ店舗(イオンやマックスバリューなど)を利用する機会が多い方で、PASMO区間やSuica区間をSuicaで電車やバスを利用したいという方にもおすすめです。

もちろん、この「イオンSuicaカード」にも、イオンカード共通の、イオングループ店舗での5%割引きデーや、ポイント2倍の特典が付いています。

また、Suicaは携帯電話やスマホで利用できる『モバイルSuica』がありますが、PASMOは『モバイルPASMO』はありません。ですので、モバイルでPASMO区間を利用したい方は、相互利用関係のモバイルSuicaで利用するという選択肢もあります。

「イオンSuicaカード」はアップルペイ対応クレジットカード

「イオンSuicaカード」はアップルペイ(Apple Pay)に登録できるクレジットカードですので、iPhoneやアップルウォッチで『モバイルSuica』を利用できます。

ですので、iPhoneユーザーの方が、モバイルでPASMO区間の電車やバスの乗降に使いたいという方は、『モバイルSuica』を利用されるといいです。

SuicaとPASMOは相互利用関係にありますし、PASMOは残念ながらモバイルサービスを提供していませんので、PASMO区間でのモバイル利用を希望される場合は、必然的に『モバイルSuica』ということになるのです。

アップルペイで『モバイルSuica』を利用される場合、アップルペイにあらかじめインストゥールされている「Walletアプリ」でも利用できるのですが、よりサービスが充実しているのは「Suicaアプリ」での『モバイルSuica』です。

「Suicaアプリ」は、JR東日本が「app store」で提供していますので、ダウンロードして「イオンSuicaカード」を登録すればOKです。

アップルペイでの『モバイルSuica』年会費は無料です。(アンドロイドスマホでの『モバイルSuica』年会費は1,030円(税込))

ただ、「イオンSuicaカード」は、JR東日本のビューカードとの提携カードですので、アップルペイでも、アンドロイドスマホでも、『モバイルSuica』年会費は無料です。

イオンカード・アップルペイ・iDのイメージ画像 「イオンSuicaカード」を含めイオンカードをアップルペイへ登録した場合、電子マネー「iD」での支払いも可能となります。
ほぼ全てのコンビニチェーンが「iD」利用可能店となっています。「iD」でのお支払い分にも、利用金額「200円毎に1ポイント(1円相当)」のときめきポイントが付与されます。
コンビニなどの「iD」加盟店でイオンSuicaカードを登録したアップルペイで支払うと、自動的に「iD」での支払いとなります。

※ドコモユーザーの方は、Androidスマホ・携帯電話でも、「iD」を利用することができます。



モバイルSuica定期券はPASMOエリアとの連絡定期券もOK

『モバイルSuica』には、定期券機能もあります。

ただし、Suica区間内の定期券か、SuicaとPASMOエリアをまたがっての「連絡定期券」となっていて、PASMOエリア内だけの定期券は使うことができません

例えば、JR→私鉄、JR→私鉄A社→私鉄B社のような「連絡定期券」はOKということです。

ですので、SuicaエリアとPASMOエリアをまたがっての定期券を利用される方は、「イオンSuicaカード」を作って、モバイルSuica「連絡定期券」を利用されるといいです。

もちろん、モバイルSuica「連絡定期券」は、アップルペイ(iPhone・アップルウォッチ)、Androidスマホ、携帯電話での利用が可能です。

イオンSuicaカードはWAON(ワオン)も使えます

イオンSuicaカードとWAONのイメージ画像

イオンクレジットサービスが発行する多くのクレジットカードは、イオンの電子マネー「WAON」機能が搭載されているのですが、「イオンSuicaカード」はSuica機能が搭載されていますので、WAON機能が搭載されていません。

しかし、「モバイルWAON」「WAONカードプラス」を追加発行して、「イオンSuicaカード」を紐付る(登録する)ことで、WAONをオートチャージで使うことができます。

「モバイルWAON」は、WAON公式ページで「モバイルWAON(アプリ)」をダウンロードできます。
「モバイルWAON」は、発行手数料も年会費も無料です。

カード型WAONを使いたい場合は、「WAONカードプラス」を追加発行します。
イオンカード公式ページで、追加発行申し込みができます。
年会費は無料ですが、カード発行手数料300円(税込)がかかります。

「モバイルWAON」でも、「WAONカードプラス」でも、通常のWAON利用と同じく、通常は利用金額「200円毎に1ポイント」のWAONポイントが付与されます。

イオンSuicaカードのポイントについて

通常のカード利用の場合は、ときめきポイントが「200円毎に1ポイント」の付与となっていますが、Suicaへのチャージ及びオートチャージ分に関しては「400円毎に1ポイント」付与となっています。

イオングループ店舗においては、365日いつでも、「200円毎に2ポイント」の付与です。イオングループ店舗においては、「お客さま感謝デー」など5%割引きデーもあります。

ときめきポイントは「1ポイント=1円」の価値となっており、貯まったときめきポイントをSuicaへチャージして利用する場合は、1000ポイント単位で「1000ポイント=1000円分」としてチャージできます。

ときめきポイントは、WAONポイント、JALマイレージ・マイル、dポイントへ交換することもできます。
また、商品券やギフト券などへの交換もできます。

イオンSuicaカード公式ページ→

家族カードの発行について

家族と家族カードのイメージ画像

イオンクレジットサービスが発行するイオンカードの券種のほとんどは家族カードを発行しているのですが、
残念ながら、「イオンSuicaカード」は家族カードを発行していません。

イオンカードKitaca、イオンSUGOCAカード、JQ SUGOCAカード、JMB JQ SUGOCAカードなどの鉄道系提携カードは、いずれも家族カードの発行はありません。

Suica機能搭載のクレジットカードとしては、
「JALカードSuica」「ANA VISA Suica(スイカ)カード」も同様に家族カードを発行していません。
「ビュースイカ」カードは家族カードの発行をしています。

イオンSuicaカードの概要と申し込み

【新規入会特典】
2018年8月31日までに新規お申し込みされ、2018年9月30日時点でカード発行が確認された方へ、もれなく、ときめきポイント1000ポイント(1000円相当)をプレゼント
さらに、
入会頂いたイオンSuicaカードで、2018年10月10日までの
クレジットショッピング利用金額5万円以上の方には、ときめきポイント5000ポイント(5000円相当)をプレゼント
クレジットショッピング利用金額2万円以上の方には、ときめきポイント2000ポイント(2000円相当)をプレゼント

||25歳以下の方の新規ご入会はポイントアップ!||

2018年8月31日までに新規お申し込みされ、2018年9月30日時点でカード発行が確認された方へ、もれなく、ときめきポイント1500ポイント(1500円相当)をプレゼント
さらに、
入会頂いたイオンSuicaカードで、2018年10月10日までの
クレジットショッピング利用金額6万5千円以上の方には、ときめきポイント6500ポイント(6500円相当)をプレゼント
クレジットショッピング利用金額5万円以上の方には、ときめきポイント5000ポイント(5000円相当)をプレゼント
クレジットショッピング利用金額2万円以上の方には、ときめきポイント2000ポイント(2000円相当)をプレゼント

イオンSuicaカードの年会費
年会費永年無料です。
家族カードも年会費永年無料。
ETCカードも年会費永年無料。

追加発行可能カードと電子マネー
家族カード、ETCカード。
WAON、イオンiD。

カード入会基準
18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。
学生・主婦・自営業・年金受給者の方などもお申し込みいただけます。
※未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

留学生や外国人の方もお申し込みいただけます。

カード発行までの時間
最短1週間で発行。

付帯サービスなど
365日毎日いつでも、イオン、ダイエー、マックスバリュ、ミニストップ、イオンモール、イオンタウン、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどのイオングループ店舗で、クレジット利用で、ポイント2倍(200円毎に2ポイント)付与。

毎月20日・30日の『お客さま感謝デー』は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどのイオングループ店舗で、クレジット利用またはWAON利用で、5%割引に。

毎月15日の『G.G感謝デー』は、55歳以上の方は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどのイオングループ店舗で、クレジット利用またはWAON利用で、5%割引に。

イオンシネマで、料金をイオンSuicaカードでお支払いいただくと、一般通常料金各300円引きとなります。カード会員の方と同伴の方(大人1名様まで)各300円引きとなります。

イオンカードの優待施設での割引きなどもあります。例えば、カラオケのビックエコーの一般室料より30%割引き、シダックスの通常ルーム料金20%割引き、オリックスレンタカーの基本料金15〜50%割引き他、富士急ハイランド、鴨川シーワールド、スパリゾートハワイアンズなのどの全国のレジャー施設、ホテル、飲食店、美容クリニック、フィットネス、ファッション、雑貨関連施設が多数あります。

イオンカードのカード会員限定ポイントアップモール「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピングをすると、最大ポイント21倍となります。Amazon、楽天市場、Yahooショッピング、DHC、じゃらんnetをはじめ、国内大手企業オンラインショップが多数参加していますので、オンラインショッピングの際は、「ときめきポイントTOWN」を経由してポイントをお得に獲得するのがオススメです。

「ビュー・スイカ」カードの付帯サービスである、JRホテルグループズや駅レンタカーなどでの割引も適用になります。

付帯保険
「ビュー・スイカ」カードの付帯保険が適用になります。
最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。
最高1000万円の国内旅行傷害保険がカードで切符や旅行代金を支払うことで付帯(利用付帯)。

カードブランド

JCBロゴ VISAロゴ Mastercardロゴ

JCBかVISAかMastercard、お好きなブランドを選べます。

カード発行会社
イオンクレジットサービス株式会社