MENU

パスモ(PASMO)とは?

「パスモ(PASMO)」とは、JR東日本の「スイカ(Suica)」と同様に、首都圏大手私鉄・バス各社が導入したICチップを埋め込んだカードで、改札機にかざせば瞬時に運賃が引き落とされる、電子マネーが組み込まれた電子版乗車券です。

従来の磁気カード乗車券「パスネット」と違い、「パスモ(PASMO)」はカードへお金をチャージ(入金)することで、繰り返し利用することができます。

「パスモ定期券」もあり、定期券機能と、定期券区間以外での乗り降り時にはチャージしてあるお金で精算できる機能も持ち合わせています。

その場ですぐに使いたいという場合は、無記名のパスモでしたら、個人情報の記入などの面倒な手続きなく、駅の券売機で購入してすぐに使えます。駅・バスの販売窓口での購入もできます。

ただ、記名式の「パスモ(PASMO)」や「パスモ(PASMO)定期券」なら個人情報が登録されていますので、パスモを誤って紛失した場合も、再発行をしてもらえるので安心です。[⇒パスモ(PASMO)の種類参照]


「パスモ(PASMO)」にチャージ(入金)された電子マネーは、電車やバスの乗車料金支払いだけでなく、「パスモ(PASMO)マーク」のある加盟店各店での買い物の支払いにも使用することができます。
駅の売店や私鉄各社が経営・運営する商業施設などが主にPASMO利用可能店舗となっています。


チャージについてですが、私鉄各社やクレジットカード各社が発行する、オートチャージ(自動入金)機能付きのクレジットカード「パスモ(PASMO)カード」での利用の際は、ポイントサービスによりポイントが付与されます。
[⇒パスモ(PASMO)でポイントを貯める方法参照]

パスモはパスモ利用でのポイント付与を行っていませんので、パスモ利用でポイントを貯める方法としては、PASMOオートチャージ機能付きクレジットカードからチャージして、クレジットカード側でポイントを貯める方法となります。


また「パスモ(PASMO)」は、先行して導入されたJR東日本の「スイカ(Suica)」とほぼ同じ機能を持ち、相互利用関係にありますから、「パスモ(PASMO)」でSuica区間である首都圏のJR各線にも乗車することができますし、「スイカ(Suica)」加盟店の駅売店や自動販売機、商業施設などでの買い物代金の支払いにも使えます。

Suicaだけでなく、全国のIC乗車券ともPASMOは相互利用関係にあります。したがいまして、Kitaka、ICOCA、PiTaPa、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけんの区間での乗降、および、加盟店での買い物代金のお支払いにも使えます。
注意点:例えば、パスモとSuicaの両方を持ってお使いになる場合、「パスモ(PASMO)」カードと「スイカ(Suica)」カードの両方を、1つの定期入れや財布などに入れたまま改札機を通過しようとすると、正常に稼動しない場合がありますので注意が必要です。

パスモ(PASMO)の名前の由来

従来の磁気カード「PASSNET」の「PAS」と、「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」から名付けられました。
また、「パスモ」の「モ」は、パスネットとバス共通カードが合体した「&」を表す助詞の役割も果たし、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという、拡張性を表す意味の「モ」でも表しているそうです。